「噛んで味わう、食べるミント」  ロッテ「EATMINT」に新フレーバー

印刷

   ロッテは、2018年4月10日に「EATMINT<ディープグリーンノート>」をコンビニエンスストア・駅売店で先行発売する。

  • 新発売の「EATMINT<ディープグリーンノート>」
    新発売の「EATMINT<ディープグリーンノート>」
  • 溶けてなくなってもスースー感が持続する
    溶けてなくなってもスースー感が持続する

新緑が茂る森林をイメージ

   「EATMINT」は、ガムでもタブレットでもない新カテゴリー商品。口の中で噛んで溶けるため、からだの奥でミントを味わえるのが特長だ。新しい感覚のリフレッシュを体感できることから、「次の仕事に気分一新して取り組みたい」というビジネスパーソンに向けて発売された。新発売の<ディープグリーンノート>は、ペパーミントをベースに、新緑生い茂る森林をイメージした味わいが広がる。

   また、2017年11月に発売された氷山をイメージした清涼感とスッキリしたミントの味わいが広がる、ブルーの「EATMINT」も4月10日より全チャネルに販売を拡大する。

   いずれも14粒入りで想定小売価格は276円前後(税抜)。シルバーを基調にしたスタイリッシュなパッケージが目印だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中