新入社員より「2年生」が危うい 先輩を絶句させる勘違い行動続出

印刷

   社会人二年目になったところで社会や会社に対して余裕が出始め、生半可な知識や経験を重ねることで自己主張を覚え始めるさま=「社二病」。

   みなさんの周りにもこういった「社二病」の若手社員はいませんか?そこで今回は、先輩社員が思う「社二病」の症状6選についてまとめてみました。

  • 「君さあ、ホントに分かってんの?」
    「君さあ、ホントに分かってんの?」

会議中にガムをクチャクチャ、注意したら逆ギレ

【先輩社員が思う「社二病」の症状その1:「休む時はLINEで!」】

   思わず、「わかるわかる!」と頷きたくなる人も多いと思いますが、電話ではなくLINEで休みの連絡をしてくる「社二病」はいませんか?確かにLINEはスムーズに円滑な連絡が出来るのが魅力ですが、重要な連絡はまず「電話」でするべきです。しかも、こういった「社二病」は注意しても二度三度と同じことを繰り返すことも...。

【先輩社員が思う「社二病」の症状その2:「出社後、すぐコンビニへ!」】

   出社時間には遅刻していないものの、その後すぐにコンビニへ行く「社二病」はいませんか?一般的には、出社する前にコンビニに行くのが筋ですが、社会人二年目の「社二病」は違います。遅刻しないために会社に出社。そして出社打刻をしたらその後すぐにコンビニへ行くのです。出社前にコンビニに行って朝の用事を済ませてほしいものですよね。

【先輩社員が思う「社二病」の症状その3:「ガムを噛みながら会議へ出席!」】

   会議には真面目に出席するものの、ガムをクチャクチャと食べながら会議へ出席する「社二病」に度肝を抜かれた先輩社員もいるのではないでしょうか。デスクで仕事している時はまだわかりますが、さすがに会議でのガム噛みは注意せざるを得ない行動のひとつですよね。しかし、注意すると「眠け覚ましです!」と逆切れされることも...。

寝てないアピールからのエナジードリンクイッキ

【先輩社員が思う「社二病」の症状その4:「何かと横文字!」】

   社会人二年目となると、仕事も慣れてきて余裕が出てくるからこそ、あからさまに「社会人やってますアピール」をしてくる「社二病」もいます。そして、そういう人に限って、何かとビジネス用語の横文字を使いたがるのです。「アジェンダ」「アサイン」「エビデンス」「サマリー」「バッファ」「シナジー」といった横文字に先輩社員はうんざりしそうです。

【先輩社員が思う「社二病」の症状その5:「エナジードリンクが友達!」】

   仕事をしている自分に酔うのも「社二病」事例の一つです。そして、寝てない時には、「昨日、二時間しか寝てないから...」と言いながら、エナジードリンクやコーヒーをゴクゴクと飲み干すのです。社二病にとっては、仕事で疲れている自分もかっこよく映るようですね。

【先輩社員が思う「社二病」の症状その6:「やたらと休憩に行きたがる!」】

   仕事や職場に慣れてくる社会人二年目となると、とにかく休憩に行きたがるのも特徴です。タバコ休憩に行ったかと思いきや、今度は飲み物休憩...。そして業務の電話をしに行ったら、そこでもまた休憩へ...と、何かと休みを取る始末...。「お願いですから、仕事をしてください」と突っ込みたくなりますね。

   以上、先輩社員が思う「社二病」の症状6選についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

   実際に社会人を経験したからこそ自分でも思いますが、二年目は慣れも出始め、勘違いすることも多くなりますよね。

   「デキる人間」として見せ付けたい気持ちはわかりますが、一瞬で見抜かれてしまうことも...。「社二病」のみなさんは、勘違いしないように地に足付けて行動していきましょう!

grp編集長・安部舞紗

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中