2019年 6月 25日 (火)

もう見られなくなるかも ポール・マッカートニー&ウイングスのライブ映画

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ポール・マッカートニー&ウイングスのライブ映画「ロックショウ」の再上映が決定した。2018年5月23日Zepp DiverCity(TOKYO)(東京都江東区)、Zepp Namba(大阪市浪速区)で行われる。

  • ポール・マッカートニー
    ポール・マッカートニー
  • ライヴ映画「ロックショウ」
    ライヴ映画「ロックショウ」

日本で上映できる権利が今年5月末で終了

   1980年(日本では1981年)に劇場公開された「ロックショウ」の再上映は2014年、2015年、2017年にも行われていたが、ソニーミュージックダイレクトの発表資料によると「日本で上映できる権利が、今年の5月末で終了する」とのことで、今回が見納め上映になる可能性もある。

   今回行われるライヴ絶響上映は「絶叫OKのライヴ音響による上映」と、スタンディングで踊ったり大声で歌ったりとライヴさながらの醍醐味が味わえるスタイルだ。

   Zepp DiverCity(TOKYO)、Zepp Namba共に開演19時30分、上映時間は130分を予定している。

   チケットはプレミアム・エリア・シート(全席指定)が3500円、一般自由席(全席自由)が2500円、絶響スタンディングが1500円で、イープラス、チケットぴあ、ローソンチケットにて4月20日より販売が開始される。当日券は一般発売終了後残席のある場合のみ販売される。

   また、イープラスでは3月27日よりプレオーダーが行われる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中