2018年 7月 16日 (月)

埼玉県の「お菓子の町」にハッピーがいっぱいつまった保育園

印刷

   ロッテは2018年4月2日、浦和工場(埼玉県さいたま市)と狭山工場(同県狭山市)の近隣に、従業員が利用できる事業所内保育所「ハッピーマーチ保育園」を開園した。

  • 木造平屋建てで、室内には明るい日差しが降り注ぐ
    木造平屋建てで、室内には明るい日差しが降り注ぐ
  • 浦和、狭山とも工場に隣接している。勤務地と保育所の近さも働きやすさのポイント
    浦和、狭山とも工場に隣接している。勤務地と保育所の近さも働きやすさのポイント
  • 生後57日から預けられる
    生後57日から預けられる

働き方に応じた柔軟な保育サービス

   ハッピーマーチ保育園の運営は、保育所の設置・運営の実績がある株式会社ポピンズが行い、内閣府の子育て支援制度「企業主導型保育事業」を活用して待機児童の状況緩和に貢献する。

   企業主導型保育事業とは、一言で表せば「会社がつくる保育園」で、企業のニーズに応じた保育所の柔軟な設置・運営を助成する制度だ。位置づけは認可外保育施設だが、整備費・運営費については国から認可保育所並みの助成が受けられるうえ、夜間や土日、短時間や週2日のみ働く従業員への対応も可能など、働き方に応じた多様で柔軟な保育サービスが提供できる。

   ロッテグループでは、ダイバーシティ推進の一環として、多様な社員がいきいきと活躍できる環境づくりに取り組んできた。工場の近隣に保育所を整備することで、仕事と家庭の両立支援を目的に、男女ともに子育てをしながら安心して仕事を続けられるよう従業員をサポートしていく。

希望のタイミングで職場復帰できる

   ハッピーマーチ保育園は、入園時期を限定せず、育児休業を延長することなく、従業員が希望するタイミングで職場復帰できるよう運営していくという。4月入所を目指して「保活」に励む親にとっては夢のような話だが、ハッピーなのは親だけではない。子どもたちにとって「第二のおうち」としてのびのび過ごせるよう、「ハッピーがいっぱいつまった保育園」を目指す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中