2021年 1月 18日 (月)

超厳冬の後は早すぎる桜満開の春 夏も心配?異常気象の今を知りたい

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

気象の変化が自律神経を狂わせる「気象病」

trend_20180409120736.jpg

   気温・湿度・気圧、そして天候の変化によって心身にさまざまな不調が現れる病気「気象病」。別名「お天気病」とも呼ばれ、頭痛・動悸・めまい・気分の落ち込みなど、原因不明の症状に悩まされることがある。『その痛みやモヤモヤは 「気象病」が原因だった』(著者:渡邊章範 青春出版社 1382円)では、どんな気象条件のときにどんな症状が起こりやすいのか、実際にどのような対策をとればよいのかなどを、自律神経のメカニズムを中心に解説していく。

   「"天気が悪くなると古傷が痛む"に根拠アリ」「私たちのからだは、常に16トンもの空気を支えている」「低気圧がくると、体調を崩す人が増えるワケ」「天気予報では、温帯低気圧と前線に注目を」「気象の変化に負けない、自律神経の整え方・鍛え方」など、原因や症状別に不調を改善できる対応策が紹介されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!