かわいいJKは「撮られ方」分かってる 「女子高生ミスコン」トップ8の顔を徹底分析

印刷

   女子高生が考える「盛れてる」顔って、どんな顔?

   プリントシール機(プリ機)のフリュー(本社・東京)が運営する女子高生・女子大生の動向調査・研究機関「GIRLS'TREND(ガールズトレンド)研究所」は2018年3月29日、「女子高生ミスコン2017‐2018」のファイナリストらの顔の特徴を平均化した「平均顔」を公開した。そこから分かった特徴とは――。

  • 「女子高生ミスコン2017‐2018」のグランプリに輝いた、福岡県代表のめいめい(福田愛依)さん
    「女子高生ミスコン2017‐2018」のグランプリに輝いた、福岡県代表のめいめい(福田愛依)さん
  • エリア代表者(左)とファイナリストの「平均顔」
    エリア代表者(左)とファイナリストの「平均顔」
  • 北海道・東北、関東、中部エリアの特徴
    北海道・東北、関東、中部エリアの特徴
  • 関西、中国・四国、九州・沖縄エリアの特徴
    関西、中国・四国、九州・沖縄エリアの特徴

フェイスラインと唇の色に違い

   「女子高生ミスコン」は、プリ機やツイッターなどを通して審査を実施し、「日本一かわいい女子高生」を同世代の女子らが選ぶミスコンプロジェクトだ。約30万人がエントリーし、ウォーキング、ダンス&ヴォーカル、演技審査や、約62万票にも及ぶプリントシール機での投票結果をもとに、グランプリを決める。

   今回ガールズトレンド研究所は、「女子高生ミスコン2017‐2018」のエリア代表者56人と、最終審査に進んだファイナリスト8人の「平均顔」をそれぞれ作成した。平均顔とは、フリュー独自の画像処理技術や顔認識技術を用いて、複数の顔を混ぜ合わせ、顔の特徴を平均化したものだ。

   エリア代表とファイナリストの平均顔を比較したところ、フェイスラインと唇の色に特に違いが見られた。ファイナリストの平均顔は、顎を引いた状態で右に角度つけて写っており、その分、頬やあごのラインがシャープになり小顔に仕上がっている。

   また、肌の白さが際立って見える点やリップカラーの色味が濃く見えることから、ファイナリストは「盛れてる」撮られ方やメイク技術に長けている、と同研究所は分析している。

「日本一かわいい女子高生」の顔は...

   さらに、全国6エリア代表の平均顔を比較した。すると、各地の女子高校生の特徴が見えてきた。

■北海道・東北エリア
ナチュラルメイク(アイメイクが控えめ、リップの色が薄い)

■関東エリア
トレンドメイク(肌が白く、リップカラーの赤みが強い)

■中部エリア
やや幼い印象(輪郭・目の丸みがやや強い)

■関西エリア
やや派手&元気な印象(アイラインを長めに引いている、口角がぐっと上がっている)

■中国・四国エリア
ややクールな印象 (長くきりっとした眉、切れ長の目)

■九州・沖縄エリア
優しい印象(太めの眉、優しい目元、やや丸顔)

   なお、「女子高生ミスコン2017‐2018」でグランプリに輝いたのは、福岡県代表のめいめい(福田愛依)さんだ。めいめいさんの顔は、シャープな顎、太めの眉、優しい目元など、ファイナリストや九州エリアの特徴を押さえているように見える。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中