2018年 7月 21日 (土)

ダメな経営者の特徴 宋文洲さんが4タイプをバッサリ

印刷

   週刊文春(3月22日号)の「それでも社長になりたいあなたへ」で、ソフトブレーン創業者で経営評論家の宋文洲さんが、ダメな経営者の特徴を具体的に挙げている。

   「ある経営者が成功すると、その社長がいかに大物だったか、過去の逸話を語ろうとする友人・知人が増えます。でもそのほとんどが後付けです」。コラムはそう始まる。

   宋さんによると、ある人が大事業を成し遂げるだろうと見抜くのは難しいが、逆に「大した経営者になれないな」という予想は、かなりの確率で的中するという。

   筆者は「私の偏見がかなり混じっていますが」と前置きして、リーダーに向かない人を四つのタイプに分けて説明する。すなわち...

(1)社内の異性に手を出す 部下の気配りを好意と勘違いしてセクハラに
(2)会社の資金に手を出す 個人と会社を分別しない、オーナー経営者にありがち
(3)社屋にこだわる 居場所の内外装にこだわる人は変化を嫌い、時代に遅れる
(4)地域の活動に熱心 つい懇親会的に集まり、わずかな利益のために時間を浪費

  • 経営者に欠かせない資質とは
    経営者に欠かせない資質とは

志とチャレンジ精神

   (1)については宋さんも、社長時代に苦い経験があるそうだ。

「勘違いをして(というか我慢できなくて)大きなミスをした...それがまじめな恋愛でない場合、間違いなく大きなしっぺ返しが待っています」

   同じ男として、宋さんが犯したミスやしっぺ返しに興味がわくところだが、ビジネスエッセイの読者に寄り道は禁物。まずは論旨を追いたい。

   (4)に関しては補足説明が必要だろう。

「地元での活動が活発になればなるほど、国や市町村からの行政支援を仲間内で分け合うケースが増える。決して地元の活動自体が悪いといっているのではありません」

   上記四つの特徴をまとめ、宋さんはダメ経営者をこう総括する。

「目先の欲望をコントロールできない、保守的な人」

   その逆を行けば、成功への道が開けるのかもしれない。宋さんによれば、経営者に欠かせない資質は二つ。すなわち、

◎長期の展望を持ち、短期的な利益や欲望を制御する意識=志(こころざし)
◎慣れた環境から飛び出す勇気=チャレンジ精神

「この二つが欠ける人はどんな分野でも、リーダーには不向きなのです」
冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中