今年の本屋大賞は『かがみの孤城』、16年の『羊と鋼の森』は100万部突破

印刷

   第15回本屋大賞が2018年4月10日発表され、辻村深月さん(38)の青春ミステリー『かがみの孤城』(ポプラ社)が受賞した。辻村さんは12年に『鍵のない夢を見る』で直木賞を受賞している。2位は『盤上の向日葵』(柚月裕子/中央公論新社)。全国504書店の店員665人が投票で選んだ。

  • かがみの孤城
    かがみの孤城
  • 盤上の向日葵
    盤上の向日葵

17年『蜜蜂と遠雷』は直木賞とのダブル受賞

   17年は恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)が直木賞とのダブル受賞している。

   16年に受賞した宮下奈都さんの『羊と鋼の森』について、発行元の文藝春秋は10日、累計発行部数が100万部を突破したことを明らかにした。単行本が50万2500部、今年2月9日に発売となった文春文庫版が早くも5刷50万部に達したという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中