2018年 10月 23日 (火)

バーミヤンの「レジェンドシェフ」降臨 自ら調理した「限定メニュー」を試食した

印刷

   ファミリーレストラン「バーミヤン」は2018年4月12日から、「BM(バーミヤン)級グルメフェス」と題し、全国の店舗で季節限定メニューの提供を始める。

   発売に先がけ、J-CASTトレンド編集部では試食を敢行。バーミヤン事業本部で「レジェンド」と呼ばれる人物を招き、腕によりをかけて調理してもらった。

(左から)とんこつ焼ラーメン、福島宣嘉シェフ、ダージーパイ
(左から)とんこつ焼ラーメン、福島宣嘉シェフ、ダージーパイ

「とんこつ焼ラーメン」と「ダージーパイ」をいただく

   新商品は「屋台」をテーマに、「とんこつ焼ラーメン」(税抜749円)と「ダージーパイ(鶏の大判からあげ)」(同599円)などが展開される。

   とんこつ焼ラーメンは、福岡市博多区に広がる屋台街の名物料理だ。茹でた細麺にとんこつスープと甘口のソースを絡め、鉄板で焼き色がしっかりつくまで焼く。紅しょうが、チャーシュー、煮玉子、刻みねぎをトッピングしたら完成だ。

 「博多屋台名物とんこつ焼ラーメン」
「博多屋台名物とんこつ焼ラーメン」

   ダージーパイは、台湾の夜市を代表する定番料理。香辛料をふんだんに使った漬け込みダレで下味をつけ、一枚肉のまま揚げる豪快さだ。バーミヤンでは、辛さや鶏肉のサイズなど、日本人向けにアレンジした。

「台湾屋台風ダージーパイ(鶏の大判からあげ)」
「台湾屋台風ダージーパイ(鶏の大判からあげ)」

   上記のメニューを手がけたのは、バーミヤン事業本部の福島宣嘉シェフだ。バーミヤンの新商品開発の大部分に携わっており、社内では「レジェンド」と呼ばれる凄腕料理人だ。

   J-CASTトレンド編集部では、福島シェフに出張料理を依頼。特別に新メニューを振る舞ってもらった。

屋台通も唸った!

   まずはダージーパイを実食。初めて食べる料理で、ドキドキしながらパクリ。「ん...ん!?」。

   さまざまなスパイスがしっかりと効いており、とても複雑な味に仕上がっている。見た目の迫力とは違い、繊細で上品な一品だ。鶏肉も淡白でしつこさが全くなく、女性にも嬉しいだろう。

   付けダレの「生姜醤油」に絡めれば、さらにあっさり。福島シェフいわく、ビールとの相性も抜群だそうだ。

   次に、とんこつ焼ラーメンをいただく。こちらも「初体験」だったが、とんこつラーメンと焼きそばの「いいとこ取り」をした新感覚の食べ物だった。

   とんこつのこってり感と焦げたソースの香ばしさが見事に融合。福岡に在住していたことがある同僚Eも「本場と変わらない」と舌鼓を打つ。マヨネーズと豆板醤を混ぜた特製ソースをかけると味が一変し、1食で2度おいしく食べられた。

   「レジェンド」福島シェフの自信作とあって、どちらのメニューも完成度は高い。ぜひ1度味わってみてはいかがだろうか。ただしメニューは4月12日~6月13日の期間限定。気になった人はお早めに。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中