2018年 10月 22日 (月)

GACKT(18歳、高校生)、二階堂ふみ(男) 「翔んで埼玉」実写映画化のマジック

印刷

   出版社の宝島社(本社・東京)が2018年4月9日、魔夜峰央氏の埼玉を題材にしたギャグマンガ「翔んで埼玉」の実写映画化を発表した。

   映画は2019年公開予定で、アーティストのGACKTさんと、二階堂ふみさんのダブル主演。キャスティングに驚きの声が上がっている。

  • 埼玉育ちの美しい高校生・麗(れい)を演じるGACKTさん
    埼玉育ちの美しい高校生・麗(れい)を演じるGACKTさん
  • 麗に恋心を頂く美少年・百美(ももみ)を演じる二階堂ふみさん
    麗に恋心を頂く美少年・百美(ももみ)を演じる二階堂ふみさん
  • 『このマンガがすごいcomics 翔んで埼玉』(宝島社)
    『このマンガがすごいcomics 翔んで埼玉』(宝島社)

「月曜から夜ふかし」が取り上げ話題に

   「翔んで埼玉」は1986年に白泉社が単行本化、2015年12月に宝島社が復刊したギャグマンガ作品。「埼玉から東京に行くには通行手形がいる!」「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!」など、作中内の埼玉県民を「ディスる」要素が反響を呼び、人気バラエティー番組「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)などが取り上げたことなどもあり、人気に火がついた。復刊の単行本の累計発行部数は62万部を突破している(2018年4月9日時点)。

   映画では、埼玉育ちの美しい高校生・麗(れい)役をGACKTさん、麗に恋心を頂く美少年・百美(ももみ)役を二階堂ふみさんが演じる。ツイッター上にはこのキャスティングに驚きと興奮の声が多数上がっている。

「GACKTが高校生役の文字の破壊力凄い」
「想像の斜め上を行き過ぎて理解が追いつかない」
「百美ちゃん女の子になってまうんか......と思ったら、二階堂ふみ(男)だった」
「自分が男として演じることを提案できる二階堂ふみ最高...」

書籍担当「魔夜先生含め、一同大興奮でした」

   J-CASTトレンドは4月9日、「翔んで埼玉」を担当した宝島社「このマンガがすごい!」編集部の編集長・薗部真一氏に、キャスティングについての率直な感想を聞いた。10日、以下のような回答があった。

   「二階堂ふみさんとGACKTさん主演のお話が出た際の打ち合わせは、魔夜先生含め、一同大興奮でした。この作品にとって、これ以上のキャスティングはありえないとかって、ありがちなコメントなんですけど、心からそう思っています。魔夜峰央ワールドと違和感ない人って、すごいですよね。しかも、二階堂ふみさん(男)!GACKTさん(18歳)って!今年は魔夜峰央先生の画業45周年でもありますので、どうぞよろしくお願いします」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中