2018年 10月 19日 (金)

スタバ初のデリボックス 野菜、パスタ、お肉でオフィスランチにもぴったり

印刷

   スターバックス コーヒー ジャパンは、初のデリボックスとして、「スターバックスデリボックス バジルヌードル&ローストチキン/トムヤムヌードル&ローストポーク」の2品を、2018年4月18日から販売する。

  • (左)トムヤムヌードル(右)バジルヌードル
    (左)トムヤムヌードル(右)バジルヌードル

バランスもボリュームも考えた内容

   さまざまなグレイン(雑穀)をトッピングした5種類の野菜や豆などの具材と、パスタや肉を合わせ、バランスとボリュームを両立したランチ。その日の気分によってテイストの異なる2品から選べる。

   イタリアンテイストの「バジルヌードル&ローストチキン」は、レタスと皮つきブラックペッパーポテト、7種類のグレイン、赤ピーマンなどの野菜を、ワインビネガーでマリネしたグレインサラダをトッピング。香り豊かなリングイネのバジルヌードルとジューシーなローストチキンが、お腹も心も満たしてくれるという。

   アジアンテイストの「トムヤムヌードル&ローストポーク」は、レッドキドニーや紫キャベツを合わせ、押し麦ビーンズサラダをトッピング。香り豊かなシチリアレモンを使ったレモンクリームドレッシングが添えられている。トムヤムソースをペンネに絡めたトムヤムヌードルは、アジアンスパイシーで適度な辛さが後引く味わい。厚みのあるローストポークと、半分にカットしたゆで卵入り。スパイシーな風味とレモンの香りが、暑い時期でも食欲を刺激するという。

   店舗内での食事はもちろん、テイクアウトしてオフィスなどで食べることもできる。

   価格は620円 (税抜)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中