2018年 10月 19日 (金)

「バーチャル講師」でリアルなレッスン スパルタ英会話、VR・AI授業を開始

印刷

   英会話教室を運営する「スパルタ英会話」(東京都新宿区)は2018年4月1日から、VR(仮想現実)を活用したレッスンの提供を始めた。

  • VR使用イメージ
    VR使用イメージ

AIがスピーキング力を「判定」

   従来の英会話教室は、講師との対面授業が主だった。だが、スパルタ英会話の「スパルタVRコース」はバーチャル上でレッスンを受ける。

    生徒はまず、例えばビジネスや日常など実際に英語を使いたい場面を設定する。そしてVRゴーグルを被ると、希望のシーンに沿った空間がバーチャル上で再現される。仮想空間では3Dのトレーナーも用意されており、マンツーマンのトレーニングができるのだ。

   大勢の聴衆を前にしたプレゼンテーションや大人数でのディスカッション――VRならではの細かい設定も可能となっている。

   さらに、授業のフィードバックにはAI(人工知能)を駆使する。生徒のスピーキング能力を「発音」や「流暢さ」「アイコンタクト」「態度」など8項目で判断するうえで、客観的かつ適正に評価するためAIを活用した。

   今後は「心拍数」や「表情」「発汗」など24まで評価項目を増やし、短期間でのスピーキング力向上を目指すという。

   料金は1か月12万8000円から。詳細は公式サイトより。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中