日本の高校生の5割「自分に価値なし」 海外と比べて低評価の背景に何が

印刷

   日本の高校生は自己肯定感が低く、インターネット利用者はその傾向が顕著になることが2018年3月30日、国立青少年教育振興機構の調査でわかった。

   調査は17年9月~11月の期間、日本、中国、韓国、米国の高校生を対象に実施された。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

日本人にありがちな「KY(空気を読む)意識」

「日本人は他人と比較するとともに、謙虚を美徳とする国民性を有しています。また、目標や夢が欠け、周りと同調する『空気を読む』風潮により、自分に自信を持てていないことも考えられます。このため、自己評価が低くなりがちです」

   国立青少年教育振興機構の担当者は4月6日、J-CASTトレンドの取材にこう話す。

   自己肯定感の有無を4か国の高校生に聞いたところ、日本人の高校生が軒並み低い数字となった。

   「私は価値のある人間だと思う(か)」との質問に、日本以外の3か国はいずれも8割超だったが、日本は最低の44.9%。「私はいまの自分に満足している」についても、日本41.5%、中国62.2%、韓国70.4%、米国75.6%だった。「中国や米国は、自分を中心に評価を行うため、自己肯定感が高い傾向にあると考えられます」(担当者)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中