「大谷二刀流」はメジャーを制覇するか 全米の心をつかんだ「オオタニサン」

印刷
trend_20180416112513.jpg

   打てばホームラン、投げれば奪三振。大リーグ、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手(23)が大活躍だ。ベーブ・ルース以来99年ぶりの「夢の二刀流」だと全米も驚愕している。一方、ベテランのイチロー選手(44)は6年ぶりに古巣シアトル・マリナーズに戻り、元大リーガーの松坂大輔投手(37)は中日ドラゴンズで新たなスタートを切った。今週は3選手を中心に野球の魅力とその人生について紹介したい。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ(http://www.j-cast.com/bookwatch/)」でも特集記事を公開中。

3試合連続本塁打、早くも週間MVP

trend_20180416112234.jpg

   初打席で初安打、初登板で初勝利、3試合連続本塁打も飛び出して、9日(2018年4月)には週間最優秀選手(MVP)に選ばれた。米国の実況アナウンサーに「オオタニサン!」と呼ばれ、大谷は早くも全米の心をつかんだようだ。

   『Number 950号 MLB 2018 DREAM OPENING 大谷翔平 夢の始まり』(編・文藝春秋、文藝春秋、600円)は、MLB開幕特集号として大谷のロングインタビュー「僕はまだ何も変えていない」をはじめ、23歳の野球少年の「夢の始まり」を大特集した。

   コラム「ベーブ・ルースと大谷翔平 2つの革命」、先輩大リーガーの吉井理人、福留孝介の両氏が語る「二刀流のとてつもない可能性」、もう1人の野球少年マイク・トラウト(エンゼルス)の「世界一の選手を見逃すな」など盛り沢山だ。今季(2018年)も期待されているイチロー、ダルビッシュ有、前田健太投手も取り上げている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中