2018年 10月 16日 (火)

恐るべし香川県、食育にまでコレか 「さぬきうどん教育キット」の気になる中身

印刷

   香川県三豊市の地域商社「瀬戸内うどんカンパニー」は2018年5月1日から、子供向けの「さぬきうどん英才教育キット」を発売する。

   香川県の名産・讃岐うどんを題材にした食育ツールだというが、どんな商品なのか。

  • 家族で一緒にトライ
    家族で一緒にトライ
  • キット内容(商品サイトより)
    キット内容(商品サイトより)

「最高うどんビジネス責任者」って?

   三豊市が17年10月に立ち上げ、民間企業出身の北川智博氏が「CUO(最高うどんビジネス責任者)」を務める「瀬戸内うどんカンパニー」。

   「うどん文化」をキーワードに事業展開を進め、今回の「さぬきうどん英才教育キット」は同社初となる商品だ。

   讃岐うどん作りを通じて子どもの食育を支援するというもので、キットには小麦粉やいりこなどの材料のほか、体験を記録するワークブックが付属する。

   北川CUOは発表の中で、うどん作りの良さを、

「作り方が、小麦粉をこねて、切って、茹でるという簡単なプロセスですので、大きな失敗がなく、子どもたちでも美味しいものを作ることができます。そして、自分の食べる『うどん』を小麦粉や出汁などの素材を使い、ゼロから作る体験ができます」

と説明。

「幼少期に、食べ物をイチから作る体験をしておくことで、普段自分の食べているものは、どこで、誰によって、どのように作られているかを知るきっかけになります」

とアピールした。

   価格は10人分で税込7776円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中