2018年 9月 22日 (土)

「夏の風物詩」ビアガーデン春から営業中 夜は寒くないの? 客の評判は?

印刷

   1日の気温差が大きい今の時期、日中は汗ばんでも、夜になると急にひんやりすることも珍しくない。

   だが、既に全国で春のビアガーデンが10件以上オープンしている。「夏の風物詩」が春に営業している事情を取材した。

  • 以前開催の、うめだ阪急ビアガーデンマルシェの様子
    以前開催の、うめだ阪急ビアガーデンマルシェの様子
  • オープン前の青空クラフトビアガーデンBBQの様子
    オープン前の青空クラフトビアガーデンBBQの様子

集客や売り上げを聞くと...

   東京・新宿区歌舞伎町の東亜会館ビル屋上のビアガーデン「SKY VILLAGE BEER GARDEN」は2018年4月2日にオープンした。ハワイをモチーフにし、夏の雰囲気が漂う。だが、季節は春だ。

   J-CASTトレンドは4月17日に運営元の「SKY VILLAGE」広報担当者に話を聞いた。4月上旬からの営業は元々、「ゴールデンウィークの昼の集客を狙った」とのこと。実際に営業を続けていくうちに近年の「春からの気温上昇傾向」で寒さに悩まされることはなく、4月上旬からの営業を4年前から継続している。また集客や売り上げについては、「夏よりも落ちるが、冬に行う(屋外で鍋を食べる)鍋屋台の営業に比べれば多い」と明かした。

   大阪・阪急うめだ本店屋上には、今年で6年目を迎える「うめだ阪急ビアガーデンマルシェ」(大阪市北区)が、今年は4月20日にオープンする。利用者からはこれまで「猛暑の夏に比べて過ごしやすい」、「梅雨明け以降は予約が取りづらく店内が混雑するのに比べて、春は入店が容易だ」と評判が良く、春からの営業を継続している。

今年から始めたビアガーデンも

   一方、東武百貨店池袋店(東京都豊島区)の屋上で4月5日にオープンしたスカイビューフードコート「青空クラフトビアガーデンBBQ」は、春のビアガーデン営業が今年初めてとなる。

   J-CASTトレンドが4月16日に運営元のワールドリカーインポーターズ(東京都港区)に「春営業」の理由を取材すると、

「秋の営業を経験し、その時の気温から行けるだろうと判断した」
「実際に運営してみると、真夏よりも気持ちがよく、過ごしやすい」

と回答。うめだ阪急ビアガーデンマルシェ同様に、春の気候の過ごしやすさを挙げていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中