2018年 5月 27日 (日)

アツすぎる松岡修造にこじるり「怖い...」 東京五輪の応援は「灰になる」覚悟

印刷

   「こんなに汗をかいて緊張感があったのは初めて」「お腹痛い、怖い...」――。タレントの小島瑠璃子さん(24)とサッカー元日本代表・前園真聖さん(44)は、思わず弱音を吐いた。

   そのワケは、2人を襲った「修造チャレンジ」だ。

  • 最後は笑顔でパシャリ
    最後は笑顔でパシャリ
  • こじるり&前園の表情が物語る「修造チャレンジ」
    こじるり&前園の表情が物語る「修造チャレンジ」

日本全国で松岡修造にならなきゃダメ!?

   プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)は2018年4月25日、「東京2020オリンピック観戦チケットキャンペーン」の発表会を都内で開催した。

   4月27日~8月31日の期間、同社の対象商品を購入すると、抽選で2020年の東京五輪男子サッカー決勝の観戦チケットが25組100人に当たるというものだ。

   発表会には、東京五輪の「熱血応援リーダー」として、元プロテニス選手の松岡修造さん(50)をはじめ、前述の小島さん、前園さんが出席した。

   熱血キャラクターで知られる松岡さん。この日も持ち味を存分に発揮する。イベント開始後まもなく、セキを切ったように東京五輪にかける思いを語った。

「自分自身は灰になろうと思っています。すべての応援に対して自分の思いをぶつける」「なんとなく見ていちゃだめ。日本全国で松岡修造(のようなテンション)にならないと」

   それを受けて前園さんが「子どもたちは世界一を決める祭典の中で色んな選手を見ると、明確な夢や目標ができる。こんなチャンスはめったにない」とメッセージを送るも、松岡さんは納得しなかった。

あまりの無茶振りに疲労困憊の前園真聖

「そんな冷静でどうするんですか。(開催は)2年後ですよ。もっと熱くならないと」

とダメ出し。「自分ピック」という独特の表現を使い、五輪開催前から何らかの形で参加する重要性を説いた。

   これには前園さん、小島さんもたじたじ。小島さんは「今日は修造さんの無茶振りに耐え抜くというのが私達のミッション」と苦笑すると、すかさず「これが修造チャレンジだから」(松岡さん)。

   その後のトークでも修造節は止まらず、会場は笑いに包まれた。

   イベントを振り返り、前園さんは「イベントでこんなに汗をかいて緊張感があったのは初めて」と疲労困憊の様子。小島さんも、

「リハーサルもしたんですけど何の意味もなかった。修造チャレンジは予定調和じゃなかった」

と吐露すると、修造さんは「今、何を一番振られると(相手は)嫌だろうなとか」「そういうものを通して人は強くなるじゃないです」と応酬。これにはたまらず小島さん「ひえ?!お腹痛い、怖い」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中