2018年 9月 22日 (土)

オリックスは農業も手掛けています 水耕栽培施設を六本木ヒルズで再現

印刷

   オリックス(東京都港区)は、六本木ヒルズ・大屋根プラザにオリックス八ヶ岳農園(長野県諏訪郡富士見町)の水耕栽培施設を再現する「ORIX Vegetable Farm」のオープニングイベントを2018年4月26日に同所で開催した。1日農園長として、タレントの山口もえさんが登壇した。

   同社は14年前に農業に進出し、現在は全国5つの拠点で野菜の生産を手掛けている。

  • 1日農園長を務めたタレントの山口もえさん
    1日農園長を務めたタレントの山口もえさん
  • 収穫した野菜を手にする山口さん
    収穫した野菜を手にする山口さん
  • 試食中の山口さん
    試食中の山口さん
  • 「ORIX Vegetable Farm」の水耕栽培エリア
    「ORIX Vegetable Farm」の水耕栽培エリア
  • イベントで販売される「サラダほうれん草」
    イベントで販売される「サラダほうれん草」
  • 報道向けに配られた試食用サラダ
    報道向けに配られた試食用サラダ

土を使わず天候に左右されない農業

   オリックスは、2004年にカゴメ(名古屋市中区)とトマト生産の合弁会社を和歌山県に設立し、農業分野へ初参入した。その後、兵庫県養父市にレタス工場を設立するなど事業を拡大していった。

   2015年からは、長野県の八ヶ岳高原に大規模な水耕栽培施設を運営しており、青果の安定供給のための仕組み作りを進めている。

   水耕栽培は、土を使わず、屋内において水だけで育てる栽培方法で、天候に左右されないので安定した供給が可能だ。収穫時に土が付かないため、軽く水洗いをするだけですぐに食べることができる。

   オリックスは、プロ野球「オリックス・バファローズ」の球団運営やレンタカー事業で知られる半面、農業ビジネスは知名度があまり高くない。そこでPRとして、八ヶ岳農園の水耕栽培システムの一部を六本木ヒルズに再現した。

   オープニングイベントでは山口もえさんが水耕栽培の「サラダほうれん草」の収穫体験を行ない、

「とても簡単で、小さい子どもと一緒に体験できる。星3つです」

と大満足。収穫したサラダほうれん草を早速試食すると、「柔らかくて、えぐみや苦味が少なくて食べやすい」と話した。

   オリックスが作る野菜については、「主婦として値段が気になるので、値段が高くない方が嬉しい」と期待を寄せた。

フカフカ柔らかい「サラダほうれん草」

   「ORIX Vegetable Farm」は4月26日から28日まで開催される。参加者は、サラダほうれん草やクレソン、ルッコラといったオリックスの水耕栽培で育てられた野菜の収穫体験や、野菜の購入が可能だ。また、キッチンカーでは、これら水耕栽培で生産された野菜を使ったサンドイッチが販売される。

   会場内には「サンプリングブース」も設置され、女優の川栄李奈さんが出演するオリックスグループ企業CM「野菜」編を公式動画サイト「ORIX Channel」からその場で視聴し、会場スタッフに視聴完了画面を提示すると「サラダほうれん草」がプレゼントされる。

   イベント終了後、報道関係者向けに配られたサラダほうれん草を、J-CASTトレンド記者が試食した。ドレッシングをかけなかったが苦味は全くなく、むしろ甘みを感じる味わい。フカフカとした柔らかさがあり、とても食べやすかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中