2018年 7月 17日 (火)

PC接続でハイエンドなVR体験楽しめるシステム

印刷

   モバイル機器などを手がけるHTC NIPPON(東京都千代田区)は、VR(バーチャル・リアリティ=仮想現実)システム「VIVE Pro」を2018年4月23日に発売した。

  • グラフィックやオーディオ性能が向上、VRの世界により深く没入
    グラフィックやオーディオ性能が向上、VRの世界により深く没入

2880×1600ピクセルの高画質、ノイキャン搭載ヘッドホン

   6×6メートルのルームスケールをトラッキング可能な「ベースステーション2.0」2台、コントローラー2台を同梱したフルセット。パソコンと接続し、ハイエンドなVR没入体験を楽しめる。

   ヘッドマウントディスプレー部には現行モデルよりピクセル数が78%向上したという2880×1600ピクセルの高画素映像が表示可能なデュアル有機ELディスプレー、ノイズキャンセリング機能を備え、脱着可能なヘッドホンを搭載する。

   上部のヘッドストラップや重さのバランスの改良を図り、より快適に装着できるよう設計を見直した。またメガネをかけたユーザーでも調整が簡単なボタンを採用する。

   ケーブルを気にせず自由に動き回れる「VIVEワイヤレスアダプター」を別売で用意。10×10メートルまでのスペースをトラッキング可能にする、追加設置用「ベースステーション2.0」の単品販売も予定しているという。

   価格は16万2880円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中