2018年 8月 22日 (水)

■NHKマイルカップ 「カス丸の競馬GⅠ大予想」 タワーオブロンドンに勝つのはこの馬だ!

印刷
trend_20180503120047.jpg

   カス丸 はーい、ぼくカス丸きゃすう。先週の天皇賞は△◎で馬連当たったじぇい。今週は天皇賞の距離の半分しかないNHKマイルカップ(2018年5月6日、東京競馬場、芝1600メートル)。去年、このレースを当てたカスヨ姉さんに、どうやったら当たるのか、教えてもらうきゃすう。

   カスヨ カス丸、よく覚えていたわね。いい子ね。府中のマイル戦はね、ワンターンのコース、つまりね、U字型のコースで単純なの。折り返しの直線に入ったところで先頭に立ち、そのまま押し切る走りができる馬が勝つわ。去年勝ったアエロリットはその通りの走りだったわ。その前の年に勝ったメジャーエンブレムなんて、最初から先頭に立って、そのまま最後まで押し切りよ。他の馬はついて来れなかったわね。スピードをある程度出して、最後まで速度を落とさない力があるタイプが強いのよ。3年前のクラリティスカイも先行、4年前のミッキーアイルはメジャーエンブレムと同じように最後まで逃げたまま。その前のマイネルホウオウは後方からだったけど、6年前のカレンブラックヒルも逃げて勝ったわ。

trend_20180504221007.jpg

先行してスピードがあるのは

   カス丸 ふーん、前に行けて、速めのスピードが続けられる馬ってこときゃすう?今年はそんなのがいるの?

   カスヨ それがぴったりの馬がいるのよ。私の本命◎テトラドラクマよ。2月にあったクイーンカップ(GIII)の優勝馬。しかもコースは、今回と同じ府中の1600メートル。最後の直線で先頭に立って、そのまま押し切ったわ。強かったわね。

   ガジュマル爺 うおっほん、このままじゃ、カス丸がマインドコントロールされてしまうわい。真ん中より後方から差し切った馬もたくさん、いるんじゃよ。さっきのマイネルホウオウもそうじゃが、8年前のダノンシャンティ、10年前のディープスカイなんかもそうじゃな。極めつけは11年前のピンクカメオじゃ。18頭中17番人気、それが最後方から一気に差し切って優勝じゃ。3着には18番人気が来たから、3連単はなんと973万円もついたんじゃ。

   カス丸 ふーん、それはすごいきゃすう。で、ガジュマル爺の本命はギベオンだよ。

   ガジュマル爺 差し馬じゃな。この馬のいいところは、ずっと1800メートル以上を走ってきたことじゃ。東京のマイルは最後の直線が長い。距離が短いレースをやってきた馬よりは、長いところを走ってきた馬のほうが強いと言われとるんじゃ。その点、ギベオンはぴったしじゃ。

   カス丸 ふーん、先行のスピード型をとるか、1800以上を走ってきた差し馬をとるかってこときゃすう?どっちにするかで全然、違うじぇい。

   カスヨ たしかに勝つ馬をどっちのタイプにするかで違うわね。私は先行型が強いと思うし、ここ2年牝馬が勝ってるし、今年も牝馬のテトラドラクマでいけると思うわ。でも2番手は差し馬よ。プリモシーンが対抗○よ。昨年10月の今回と同じコースのレースで差して優勝したわ。4月のクラシック1冠目の桜花賞(阪神、芝1600メートル)ではスタートで出遅れてしまい10着だったけど、底力は十分あるわ。

   カス丸 爺の対抗はパクスアメリカーナきゃすう。これも差し馬?

   ガジュマル爺 この馬は先行でも、後方待機でも、どちらもOKじゃ。それよりアーリントンカップ(GII、阪神・芝1600メートル)を使って、ここに出るというローテーションがいい。それとクロフネ産駒ということじゃな。クロフネはNHKマイルを勝ったこともあるし、その産駒とサンデーサイレンス系を掛け合わせた馬は、東京競馬場のマイル戦に実績がある。ホエールキャプチャがいい例じゃな。同じコースのヴィクトリアマイルや東京新聞杯も勝っておる。

大穴をあけるのは...

trend_20180503120132.jpg

   カス丸 900万馬券が出たり、100万馬券も出たりしてるきゃすう。このレースは穴馬がすごいきゃすう。今年はどうなの?

   カスヨ 爺も私も単穴▲はタワーオブロンドンだけど、たぶん1番人気になるわね。このメンバーのなかでは、一番安定してるからね。穴馬とは言えないわね。穴馬らしいといえば、ロックディスタウンね。デビュー戦を勝利、2戦目で札幌2歳ステークス(GIII、札幌・芝1800メートル)に勝利して注目されたのに、その後は昨年の2歳女王を決める阪神ジュベナイルフィリーズ(GI、阪神・芝1600メートル)で1番人気に推されながらも9着、年が明けて3月のフラワーカップ(GIII,中山・芝1800メートル)でも13着と人気落ちは確実ね。たぶん2ケタ人気になるんじゃないかしら。でも、底力はあるのよ、この馬は。父があの破天荒なオルフェーブル。凱旋門賞2年連続2着という日本馬で世界の頂点に一番近づいた馬だし、まだまだ見限れないわ。

   ガジュマル爺 わしの大穴はダノンスマッシュじゃ。今年注目のロードカナロア産駒じゃ。昨年の2歳チャンピオンを決める朝日フューチュリティステークス(阪神・芝1600メートル)では5着に入っとる。年明けてから掲示板(5着以内)を外したり、外さなかったりと安定してないから人気は出ないじゃろ。じゃが、実力はある。こういうのが穴をあけるんじゃ。

   カス丸 うーん、どんぐりの背比べだじぇい。ここは複勝(3着以内)を外したことがないタワーオブロンドンしかないきゃすう。本命◎タワーでいくじぇい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中