2018年 6月 22日 (金)

九州の名物料理を食べつくそう 横浜ベイシェラトンでグルメフェア

印刷

   横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ(横浜市西区)は、大分県を中心とした九州グルメフェア「九州 大分"しんけん"うまいっちゃ」を 2018年5月7日から順次開催する。

   「しんけん」とは大分の方言で「とても」の意味だ。

  • グルメフェアで提供されるメニューや食材のイメージ
    グルメフェアで提供されるメニューや食材のイメージ
  • 「豊後まぐろ・ヨコヅーナ解体ショー&マグロ寿司の提供」のイメージ
    「豊後まぐろ・ヨコヅーナ解体ショー&マグロ寿司の提供」のイメージ

大分県産の「関アジ」、宮崎マンゴーはデザートに使用

   横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ内の3か所のレストラン、ビュッフェ、鉄板焼き店で実施され、大分県や九州の食材を使ったオリジナルメニューや、郷土料理を提供する。

   28階のフレンチレストラン「ベイ・ビュー」では5月7日から、大分県産の「関アジ」やブランデー、大分県佐伯市の名物である万能調味料「ごまだし」など、大分名物を組み合わせたフレンチコースを用意する。

   5月11日からは、同じく28階の鉄板焼「さがみ」で、2017年全国和牛オリンピックの種牛の部で最高の「内閣総理大臣賞」を獲得した大分県のブランド黒毛和牛「おおいた豊後(ぶんご)牛」や、デザートに宮崎マンゴーを使ったクレープシュゼットが提供される。

1日限り「豊後まぐろ」解体ショー

   2階のビュッフェ「コンパス」では5月11日から、大分だけでなく九州の名産が、和洋中約50種類のオリジナルメニューで提供される。大分県産の「ヒラマサ」をしょうゆ、酒、ゴマなどがベースのタレに漬け込んだ大分の郷土料理「りゅうきゅう」や「鶏天」、福岡県から「とんこつラーメン」、長崎県からは、豚の角煮のそぼろを挟んだ「角煮そぼろまん」などがメニューに登場する。

   また、「コンパス」では期間中の5月20日に大分県津久見港で水揚げされた約60キロの養殖本マグロを使ったイベント「豊後まぐろ・ヨコヅーナ解体ショー&マグロ寿司の提供」を実施する。目の前で鮮やかに解体し、当日のディナービュッフェで提供される1日限りのスペシャルイベントも開催される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中