2018年 5月 21日 (月)

滋賀・長浜駅前の店「生きていける心地が...」 店主の悲鳴にネットが「救援」に動いた

印刷

   JR北陸本線・長浜駅前にある商業施設「えきまちテラス長浜」(滋賀県長浜市)のテナントの1つが「売り上げ900円でまじ生きていける心地がしません...」などと窮状を訴えたところ、インターネット上で大きな反響を呼んだ。

   反響は支援にもつながり、予想外の効果を生んだ。

  • 拡散されたツイート
    拡散されたツイート

ツイート拡散「切実感がすごい......。」

   「えきまちテラス長浜」は17年4月に開店。長浜市や長浜商工会議所などが出資する第三セクターが運営し、5階建てで床面積は約5000平方メートル。「地域の文化やライフスタイルを再考・再見する場」をコンセプトに、地域の食材を使ったカフェや物販店が入居する。

   しかし、各メディアによると「売り上げ不振」を理由にオープン後ほどなく改装を実施。18年4月28日にリニューアルオープンした。

   そんな折、期間限定で出店しているテナント「キャラクターショップ」の店主が5月2日、

「あの、切実なお願いなのですが最近滋賀県長浜市の駅前にトミカやシルバニアファミリー、ご当地キティちゃんなどを扱うショップをオープンしましたが昨日の売り上げ900円でまじ生きていける心地がしません...どうか来てください...」

などと切迫した内容をツイートした。

   投稿は5月7日現在で2万5000リツイート(拡散)と大きな反響を呼び、

「切実感がすごい......。」
「心地の問題ってレベルの金額感じゃない」

といった反応が上がった。

「皆様のお陰ですんごい事になりました!!!!」

   店主は5月2日、J-CASTニュースの取材に、売り上げ低迷の理由を

「店舗の認知度の低さがあると思います」

と推測した。

   キャラクターグッズの販売や似顔絵・占いサービスを展開する同店だが、宣伝活動が不足していたことが響いたという。

   だが拡散の影響は大きく、ツイートを見て来店したというお客が殺到。「皆さん大変やね、と言って声をかけて下さったり、色々お話しして下さり本当に嬉しかったです!!」

   なお、人気商品は「(琵琶湖の)水止めたるマグネット」だったという。

   大型連休終盤の5月6日には、「売り上げは公表しちゃダメー!って偉い人に注意されたので出来ないですが、皆様のお陰ですんごい事になりました!!!!」 ともツイッターで報告した。

   今後の目標について聞くと、

「一日10万円の売り上げを目指しております。商品を置くスペースも少ないので、出来る限りお客様のご要望に沿ったお店作りをしていきたいと考えています!!!」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中