2020年 8月 12日 (水)

留学経験者の大規模調査で見えたこと 異文化対応力ある人材が日本の成長支える

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

「就職活動の早期化で、多くの学生は留学に抵抗感」

   同書の編著者のひとり、一橋大学国際教育センターの太田浩教授はJ-CASTトレンドの取材に対し、「政府の政策的支援(奨学金)で、短期留学者数が増え、海外留学の裾野は広がっている」と説明する一方で、キャリア上の成功、語学力を含む異文化コミュニケーションや異文化理解、また専門的で高度な知識やスキルを伸ばすうえでは学位取得を目指す長期留学が必要だと強調した。異文化への対応能力と専門的知識を持った日本人が、アジアをはじめ海外の新興市場に出て活躍し、その成長性を取り込めるかが日本の成長やグローバル化適応のかぎを握るというわけだ。

   しかし、「日本の大学特有の就職活動の早期化で、多くの学生は留学に抵抗感を持っている」と指摘。「現行の新卒一括採用方式の見直しなど、留学を経験した学生を社会で有効活用していく取り組み」の必要性を訴えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!