2018年 11月 13日 (火)

川風を感じる「昼寝舟」で夏の脱デジタル滞在 星のや京都

印刷

   星のや京都(京都市)は、1泊2日の滞在型プログラム「脱デジタル滞在・夏~涼風の中でまどろむ昼寝舟(ひるねぶね)~」を2018年6月1日から8月31日まで開催する。

  • スマホを預けてのんびり
    スマホを預けてのんびり

スマホから離れて自然や京文化に癒される

   パソコンやスマートフォンなどのデジタル機器を預け、自然や京文化でリフレッシュする1日1組限定のプログラム。

   昼寝専用の屋形船「昼寝舟」では、旅館の前を流れる「大堰川(おおいがわ)」の上で60分間の昼寝や読書が楽しめる。舟の中にはソファー・クッションもあり足を伸ばして休め、川風が通り抜ければ真夏でも涼しいという。街の喧騒から離れた渓谷で静かにのんびりと過ごせる。

   また、京文化体験として「聞香入門」「朝のお勤め」が用意されており、非日常感を味わうことが可能だ。「聞香」は日本の伝統文化の「香道」のひとつで、入門では香木「伽羅(きゃら)」を使用する。かすかな香木の香りを「聞く」ことで、心を落ち着けられるという。「朝のお勤め」では、2日目の早朝に禅寺で座禅を組んで住職とともに読経する。

   料金は1人4万円(税込、宿泊・食事代別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中