2018年 10月 24日 (水)

カメラ機能を大幅強化、夜でも鮮明な写真 サムスン「Galaxy」最新モデル

印刷

   サムスン電子ジャパンは、スマートフォン「Galaxy S9」「Galaxy S9+」を2018年5月18日に発売する。

  • 明るいレンズと人の目のように絞りを最適化
    明るいレンズと人の目のように絞りを最適化

顔+虹彩認証の新技術、環境に合わせて瞬時にロック解除

   いずれもスリムで持ちやすい形状を採用し、カメラ機能を大幅に強化。「Galaxy」史上最も明るいというF値1.5レンズを採用し、暗闇でも鮮やかに写し出せるほか、光の量を自動で判断してレンズの絞りを切り替える「デュアルアパチャー」機能を搭載。昼夜を問わず鮮明な写真撮影が可能だ。

   カメラが自動で被写体の動きをモーション検出する毎秒960コマ「スーパースローモーション撮影」機能を搭載。加えてセルフィー撮影(自分撮り)するだけで自分にそっくりな「アバター」が作成され、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上で楽しく表現できる「AR絵文字」などを搭載する。

   音響メーカー「AKG」が監修したステレオスピーカーを装備し、パワフルかつクリアなサウンド再生を実現。「Dolby Atmos」に対応し、臨場感のある立体音響も楽しめる。

   顔認証と虹彩認証を組み合わせた新技術「インテリジェントスキャン」により、環境に合わせた最適な方法で瞬時にロックが解除できるほか、従来の指紋認証にも対応する。

   共通の主な仕様は、OSが「Android 8.0」、内蔵ストレージは64GB。microSDXCカード(最大400GB)対応。IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 5.0をサポート。IPX5/8、IP6Xキャップレス防水・防じん性能を備える。

   「Galaxy S9」は、約5.8型(2960×1440ピクセル)有機ELディスプレーを搭載。メモリーは4GB。約1220万画素メイン、約800万画素サブカメラを装備。バッテリー容量は3000mAh。

   「Galaxy S9+」は、約6.2型(2960×1440ピクセル)有機ELディスプレーを搭載。メモリーは6GB。約1220万画素×2(広角+望遠)メイン、約800万画素サブカメラを装備。バッテリー容量は3500mAh。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中