2018年 10月 20日 (土)

北朝鮮はトランプ政権に勝てるか 首脳会談を前に疑問点を洗い出す

印刷
trend_20180521114206.jpg

   史上初の米朝首脳会談が6月12日(2018年)、シンガポールで開催される。朝鮮半島の非核化は実現するのか、北朝鮮は体制保証を勝ち取れるのか。大国と渡り合う北朝鮮の動きが世界中から注目されている。今回は会談を前に北朝鮮という国家、人民、核、ミサイル、拉致など実態と問題点をつぶさに明らかにする。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ(http://www.j-cast.com/bookwatch/)」でも特集記事を公開中。

「恐怖の独裁国家」のリアルな現実

trend_20180521112839.jpg

   「悪の枢軸にして恐怖の独裁国家」「何を考えているのか分からない不気味な国」――。北朝鮮にこんなイメージを持っている人が多いだろう。実態はどうなのか。『北朝鮮は「悪」じゃない』(著・鈴木衛士、幻冬舎、864円)は、今こそ知りたい北朝鮮の本当の姿を描く。

   1章、2章は朝鮮半島の問題と北朝鮮の背景や国家のしくみを解説。第3章は「2代目金正日と3代目金正恩」の人物論。第4章は核・ミサイルの動向、トランプ政権の対応および中国の動きを分析。第5章は今後の展開と日本のとるべき戦略について語る。

   著者の鈴木衛士さんは陸上自衛隊に2等陸士として入隊、2年後にいったん離隊したが、幹部候補生として航空自衛隊に再入隊し、約30年にわたり情報幹部として勤務、2015年に空将補で退官した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中