2018年 7月 20日 (金)

SKY-HI、KANA-BOONら熱いライブ カシオ35周年記念イベントは大盛況

印刷

   カシオ計算機の耐久性ウオッチ「G-SHOCK」の35周年を記念したイベントが2018年5月12日、東京・六本木で開催された。

   SKY-HI、KANA-BOON、EXILE USAら人気アーティストが参加し、ライブやダンスでイベントを盛り上げた。

  • 会場を盛り上げるSKY-HI
    会場を盛り上げるSKY-HI
  • KANA-BOONのヴォーカル・谷口鮪が熱唱
    KANA-BOONのヴォーカル・谷口鮪が熱唱
  • ねごとのステージ
    ねごとのステージ
  • EXILE USAのダンスレクチャー
    EXILE USAのダンスレクチャー
  • 展示コーナー
    展示コーナー
  • G-SHOCK開発者・伊部菊雄氏
    G-SHOCK開発者・伊部菊雄氏
  • EXILE USAとのコラボモデル
    EXILE USAとのコラボモデル
  • ブレイクダンスチーム「The Floorriorz」
    ブレイクダンスチーム「The Floorriorz」
  • ダブルダッチチーム「REGSTYLE」
    ダブルダッチチーム「REGSTYLE」

世界レベルのブレイクダンス、ダブルダッチを披露

   イベントは、音楽とスポーツをメインにしたパフォーマンスを行う「六本木ヒルズアリーナ」と、G-SHOCKの歴代モデルを展示する「大屋根プラザ」の2会場で開催。

   1000人キャパの六本木ヒルズアリーナは、13時ごろ熱気に包まれた。若手ミュージシャンの登竜門と呼ばれるロックフェス「閃光ライオット」で2008年に審査員特別賞を受賞しデビューした、実力派ガールズバンド「ねごと」、アニメ「NARUTO」の主題歌「シルエット」や、資生堂CMソング「なんでもねだり」などの青春ロックで知られる4人組ロックバンド「KANA-BOON」、男女6人組グループ「AAA」のメンバー・日高光啓さんのソロ名義「SKY-HI」が続々とステージ上に登場し、ライブで盛り上げた。ステージ上にはG-SHOCK型のスクリーンが設置されるなど、このフェスならではの演出もあった。また、15時ごろにはEXILE USAさんが登壇し、ダンスの基本をレクチャーした。

   ステージ周辺では、2015年に日本人で初めて世界で最も権威のあるブレイクダンスの世界大会を制覇した「The Floorriorz」や、ダブルダッチの世界大会を17年・18年と2連覇中の「REGSTYLE」のパフォーマンス、「3×3」バスケットボール日本代表によるエキシビジョンマッチなどが行われた。

   一方で大屋根プラザでは、G-SHOCKの歴代モデルやSKY-HIら出演アーティストとのコラボモデルの展示、G-SHOCKの生みの親である伊部菊雄氏との交流会などが行われ、多くのファンが足を運んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中