2018年 6月 18日 (月)

初心者でも安定飛行が楽しめる 超小型トイドローン

印刷

   バンダイグループでラジオコントロール玩具などを手がけるシー・シー・ピー(東京都台東区)は、超小型のトイドローン「プログラミングテトラル」を2018年5月25日に発売する。

  • 「トイ」ドローンながら多彩な楽しみ方
    「トイ」ドローンながら多彩な楽しみ方

空を飛んでいるかのような映像も撮れる

   コントローラーを使用した自由自在な空中飛行のほか、スマートフォン(スマホ)をセットすれば、様々な飛行モードを楽しめる。

   旋回やS字カーブ、宙返りなど15種の動作を選んで飛ばせる「ビジュアルプログラミングモード」、スマホの画面に指で航路をなぞるだけで、その軌道に沿って飛ばせる「なぞってプログラミング機能」、2つのプログラミング飛行を搭載。

   気圧センサーに加えて、トイドローンでは初だという光学補正機能を備え、高度調整や横ブレの補正も自動で行えるなど飛行の安定度が高い。初心者でも簡単に操縦できるそうだ。

   また30万画素カメラを内蔵し、「通常飛行モード」では離着陸や上昇・下降、宙返りなどのアクションを楽しみながら、空中での動画や写真の撮影ができる。専用の無料アプリをインストールすれば、手持ちのスマホ・タブレットで映像をリアルタイムに視聴できるほか、記録して再生も可能。さらに、コントローラーを持った撮影者の方を向いて"自撮り"できる「自撮りサポート機能」も搭載する。

   アプリを「VR(バーチャル・リアリティー=仮想現実)モード」に切り替え、市販のVRゴーグルを使うと、まるで自分が空を飛んでいるかのような映像をリアルタイムで楽しめる。

   電源は、ドローン本体およびコントローラーともリチウムイオンポリマー充電池を内蔵。本体は約50分の充電で約3分の連続飛行が可能だ。操作可能距離は約15メートル(屋内推奨)。

   USB充電ケーブル(本体・コントローラー用各1)、プロペラガード、スペアプロペラ、プロペラリムーバーなどが付属する。

   価格は1万3500円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中