2018年 6月 18日 (月)

安定したゲームプレイを楽しめる 32型4K液晶ディスプレー

印刷

   液晶ディスプレーを手がけるJAPANNEXT(東京都千代田区)は、4K液晶ディスプレー「JN-IPS320UHDR-S」を2018年5月22日に発売する。

  • PCはもちろん、BDプレーヤーやゲーム機なども接続できる充実のインターフェイス
    PCはもちろん、BDプレーヤーやゲーム機なども接続できる充実のインターフェイス

目への負担を軽減する機能を搭載

   フレームレスのシンプルなデザインの筐体に、32型4K UHD(3840×2160ドット)解像度、あらゆる角度から見ても色やコントラストの変化が起きにくく、広視野角のIPSタイプAHVAパネルを搭載。よりリアルで色鮮やかな映像を楽しめる「HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)」に対応する。

   安定したなめらかなゲームプレイを楽しめるという「AMD FreeSyncテクノロジー」に対応したほか、3つのゲームモードを備え、ストレスのないゲーム体験を実現。画面のちらつきを抑える「フリッカーフリー設計」、目の疲れの原因とされるブルーライトを抑える「ブルーライト軽減モード」を装備し、目への負担を軽減する。

   インターフェイスはHDMI 2.0×1、HDMI 1.4×2、DisplayPort×1、VGA×1、オーディオ入出力各1。10ワット出力のステレオスピーカーを搭載。高さや角度、向きを調整できるスタンド、リモコンが付属する。

   価格は5万9980円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中