2018年 6月 23日 (土)

世界初「4K HDR」動画対応のアウトカメラ搭載 「Xperia XZ2」

印刷

   ソニーは、スマートフォン「Xperia(エクスペリア) XZ2」を2018年5月下旬以降に発売する。

  • オーディオもビジュアルもここに極まる
    オーディオもビジュアルもここに極まる

背面は3Dガラスのアーチ形状、持ちやすいデザイン

   同シリーズ初だという縦横比18:9の約5.7型フルHD+(2160×1080ドット)TFTディスプレーを搭載。背面は3Dガラスを採用したアーチ形状で、手になじみ持ちやすいデザインを施す。ワイヤレス充電「Qi(チー)」規格にも対応した。

   スマートフォンでは世界初、4K HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)動画の撮影が可能な約1920万画素メインカメラを装備。フルHD解像度のスーパースロー映像(毎秒960コマ)の撮影が可能で、肉眼では捉えることが難しい一瞬の動きをスローモーションで楽しめる。サブカメラは約500万画素。

   プレインストールアプリ「3Dクリエーター」を利用すれば、人の顔などをスキャンして3Dデータとして編集、保存できるほか、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でシェアも可能だ。

   独自の「X-Reality for mobile」を搭載し、SDR動画をHDR相当の画質にアップコンパートできる。前面のステレオスピーカーと同社の音響技術の組み合わせにより、外部スピーカーなどに接続しなくても高音質で迫力あるサウンドを楽しめるという。視聴中の映像や音楽を解析し、音に合わせたパターンで本体を振動させる「ダイナミックバイブレーションシステム」を備え、映画やミュージックビデオなどを臨場感たっぷりに楽しめる。

   OSは「Android 8.0」、メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GB、microSDXCカード(最大400GB)対応。IPX5/8防水、IP6X防じん性能を備える。IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 5.0をサポートする。バッテリー容量は3060mAh。

   カラーはリキッドシルバー、リキッドブラック、ディープグリーン。auおよびNTTドコモモデルにはアッシュピンクも用意する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中