2019年 10月 20日 (日)

アメフト問題で非難殺到の日大 でも職場で批判したら気まずくなるかも

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   アメリカンフットボール部の悪質タックル問題でゆれる日本大学。

   インターネット上では大学側の対応をめぐり批判が相次いでいるが、「リアルでは(特に職場では)決して気軽に言ってはいけない」――。こんな「注意喚起」に多数の共感が寄せられている。

  • 23日の会見で頭を下げる日大・内田正人前監督(右)と井上奨コーチ
    23日の会見で頭を下げる日大・内田正人前監督(右)と井上奨コーチ

公式ツイッターに200件以上の批判コメント

   保身ともとれるコメント、大学関係者不在の選手による会見、後手に回った謝罪......。アメフトのラフプレーをめぐる日大の不誠実な対応は、多くのネットユーザーのひんしゅくを買っている。

   日大の公式ツイッターアカウントには、2018年5月24日現在で2000件以上のコメントが書き込まれている。多くは、

「責任者が責任を取らずに実行した本人に責任転嫁し学校も知らんぷりを決め込む教育方針なんですね」
「生徒を守らず理事を守る大学。(中略)こんな大学出身じゃなくてよかった」

といった批判だ。

   そんな中、5月23日に行われた日大の会見を受け、ツイッターユーザーのCaren(@caren_eth1)さんが投稿した内容が評判になっている。

「あのひどい会見を見て『やっぱ日大ってクソだわ』とTwitterでは書くのは簡単だが、リアルでは(特に職場では)決して気軽に言ってはいけない100人いたら数人は日大卒だし、たとえ周りにいなくとも兄弟親族恋人に日大関係者が含まれてる可能性はとても高いからだ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!