2019年 4月 21日 (日)

「亀田の柿の種 パドロン風味」 ほどよい辛さとカリッとした食感

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   米菓メーカーの亀田製菓は2018年5月24日、キリンが支援する岩手県遠野市で生産された野菜「遠野パドロン」を使用した「亀田の柿の種 パドロン風味」を開発したと発表した。

   発売されるのは、英国風パブ「HUB」の店舗(浅草店を除く)限定。スピードメニューとして2018年6月9日から提供される。

  • 亀田の柿の種 パドロン風味(c)亀田製菓
    亀田の柿の種 パドロン風味(c)亀田製菓

ビールのお供にぴったり

   パドロンは、スペイン原産のトウガラシ品種の一種。遠野市のアサヒ農園が日本で栽培を始めた、ビールのおつまみに適した野菜だ。

   新商品では、新鮮な遠野のレッドパドロンを粉末化したパウダーを味付けに使用しており、パドロン特有のフレッシュな風味が楽しめる。旨辛スパイスと「亀田の柿の種」のカリッとした食感が、ビールのお供にぴったりだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中