2018年 6月 23日 (土)

阪神タイガースが本物の虎を助けまっせ 保護活動で「応援グッズ」販売

印刷

   縫製工場を運営するヴァレイは、阪神タイガースWWF(世界自然保護基金)と共同で、虎の保護活動を目的とした「FREE TIGERS PROJECT」を発足。限定オリジナルグッズをクラウドファンディングサイト「Makuake」にて、2018年5月18日に販売開始した。

  • 「FREE TIGERS PROJECT 限定ヘンリーネックTシャツ」
    「FREE TIGERS PROJECT 限定ヘンリーネックTシャツ」
  • 「FREE TIGERS PROJECT 限定オーガニックコットントートバッグ」
    「FREE TIGERS PROJECT 限定オーガニックコットントートバッグ」
  • 「FREE TIGERS PROJECT 限定オリジナルタオル」
    「FREE TIGERS PROJECT 限定オリジナルタオル」

100年前は10万頭も2016年には3890頭

   同プロジェクトは、阪神タイガースの応援グッズをヴァレイが製造し、販売を行うことで虎の保護活動につなげるというもの。プロジェクト周知のため、Makuakeにてクラウドファンディングをスタートさせた。

   応援グッズは、「FREE TIGERS PROJECT 限定ヘンリーネックTシャツ」が7344円、「FREE TIGERS PROJECT 限定オーガニックコットントートバッグ」が3780円、「FREE TIGERS PROJECT 限定オリジナルタオル」が2160円で販売される。Makuakeによると、集金額は5月29日16時の時点で18万円を超えている。

   同サイトによると野生の虎は、約100年前には世界に10万頭生息していた。しかし、環境破壊や乱獲により年々数を減らし、2010年には3200頭までに減少。その後、世界各国での保護活動の甲斐あって、2016年には3890頭まで増加しているが、予断を許さない状況である。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中