2018年 6月 20日 (水)

R18指定「娼年」の応援上映に女性続々 「松坂桃李くんの腰の動きに合わせて...」

印刷

   映画『娼年』が2018年5月30日、R18+指定作品では異例となる「応援上映」を実施した。

   当日は多くの女性が詰めかけ、サイリウムやタンバリン、太鼓などで「ベッドシーン」を盛り上げた。

  • 会場の様子(猪塚健太さんのツイッターより)
    会場の様子(猪塚健太さんのツイッターより)

全く予想がつかない!

   4月6日公開の『娼年』は、石田衣良さんの同名小説を映画化したもの。俳優・松坂桃李さんが「娼夫」である主人公をつとめ、「様々な女性たちのセックスを美しい筆致で描きながら、女性たちの欲望、そしてその近くにある心の傷を優しく肯定する内容」(公式サイトより)。

   公開から約1か月後には、上映中に観客が大声を出したり楽器を使用したりすることが認められる「応援上映」が女性限定で決定。会場は池袋HUMAXシネマズ(東京都豊島区)。同様の上映形式はアニメ作品を中心に取り入れられており、R18+作品では前例がないとみられる。

   そのため、インターネット上では驚きの声が続出。関係者も以下のツイートをしていた。

「どうなるのか、僕も予想できませんw」(三浦大輔監督)
「桃李くんのベッドシーンでどんな声援と鳴りものがあるのか興味津々」(石田衣良さん)
「娼年の応援上映って...全く想像できない...ミュージカルとかなら一緒に歌う、とかだけど。でもセックスエンタテインメントだから、大騒ぎできるのか!!!『リョウ君(編注:主人公)、頑張れ?!!!!!!』みたいな感じになるのかな??ドキドキ」(出演した冨手麻妙さん)

「娼年の応援上映カオスにも程があった」

   J-CASTトレンドでは配給会社に取材を申し込むも「取材NG」。そこで、参加したとみられるツイッターユーザーの声をもとに当日の様子を追っていこう。

「娼年応援上映まもなく開始。なにもスクリーンに映ってないのに、すでに太鼓やカウベルが鳴り響いていて笑えるんだけど(笑)!気のせいかな、鍋を叩く音も聞こえるぞ。さて、狂喜乱舞の2時間、楽しんでくる」
「娼年の応援上映観終わりました!松坂桃李くんの腰の動きに合わせてみんな太鼓鳴らしたりイッたらトライアングル鳴らしてる人とかいてめっちゃ楽しかった」
「娼年の応援上映カオスにも程があった(*≧∀≦)wwでも今まで観た中で1番楽しかったーっ!!!あれのタイミングに合わせてシャンシャンドンドンパフパフピッピッ!カオス!そして最終的に\アンコール!アンコール!/」
「最っっっ高っっっでした!!!!!!この盛り上がりはなんなんだ!サイリウムに太鼓にタンバリンにパフパフに!何よりお客さんの叫び声!!!今年一番笑って今年一番楽しかったです!!!」(ゲストで登場した出演者の猪塚健太さん)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中