2018年 6月 22日 (金)

垂れた胸にさようなら! 自宅で簡単、バストに効く筋トレテク大公開

印刷

   いくつになっても女性が憧れを抱く、美しいバスト。

   いつまでも上向きでハリのあるバストをキープしていたいものですよね。

   しかし、中には「何をしたらいいのか分からない」「どうすればバストアップに繋がるの?」と、お悩みの女性も多いはず。

   そこで今回は、美しいバストを維持するための効果的な筋トレ方法について徹底リサーチ。

   一般の方をはじめ、モデル、タレント、文化人のトレーニング指導などで活躍中の現役パーソナルトレーナー・上田翔氏を迎え、【自宅で簡単!】バストに効果的な筋トレテクニックについて教えてもらいました。

バストの周辺にある筋肉を鍛える

   ―そもそもの質問ですが、やはり年齢を重ねるごとにバストも下垂していくのでしょうか?

   上田:はい。人は年齢を重ねるとともに、10年で約10%の筋肉が減り、その後も減少傾向にあるため、当然ながらバスト周辺の筋肉も減ります。そのためバストも下へ垂れていってしまいます。

   ―なるほど。そのために筋トレが重要となってくるわけですね?

   上田:その通りです。ただ、バスト(胸)の9割は脂肪で出来ているため、中々ダイレクトに鍛えることは困難です。そこで重要となってくるのがバストの周辺にある筋肉を鍛えることです。完全に下垂を阻止することは難しくても、少なからず美しいバストをキープしていくことが出来ますよ。

   ―しかし、女性がバストのトレーニングをしたら男性のようなムキムキの体になったりしないのでしょうか?

   上田:そのような心配をされる方も多くいるかと思いますが、女性の場合、ホルモンの関係性からかなりハードにトレーニングをしたとしても、中々ムキムキになることは難しいです。ムキムキ男性のようになるには大変なトレーニングが必要になってくるので安心してください。

「椅子編」は慣れてきたら、最低でも10回

   ―では早速ではありますが、簡単に出来るバストのトレーニング方法を教えてください。

   上田:はい。今回は初めての人でも安心!自宅で簡単に出来る、バストに効果的な筋トレテクニックについてレクチャーしたいと思います。

   【椅子編】

   (1)まず椅子を用意し、椅子の前の角に手を起きます。
   (2)腕全体で体を支え、お尻浮かせます。

trend_20180531174939.jpg

   (3)肘をおよそ90度に曲げ、体を下ろしていきます。

trend_20180531175015.jpg

   (4)曲げた肘を伸ばしながら元の位置に戻します。

trend_20180531175056.jpg

   【★ポイント★】

   最初は慣れず、腕がツラいと思うので無理せずにやってきましょう。

   慣れてきたら、最低でも10回は頑張りましょう!

   【床編】

   (1)膝が痛くならないために、膝付近にタオルを引きます。

   ※写真では、タオルを引いておりませんのでご注意ください。

   (2)両手を前方の床に付けます。

trend_20180531175137.jpg

   (3)頭からお尻を一直線になるようにします。

   (4)そこから一直線にした綺麗な姿勢で腕立て伏せをします。

trend_20180531175218.jpg

   【★ポイント★】

   胸の筋肉を使っている意識をしながら続けることが重要なポイントとなります。最低でもまずは10回。慣れてきたら、2回、3回、4回と数を増やし、30回を目標にしていきましょう!

   ―慣れるまでは大変そうですが、どちらもバストに効きそうですね。週にどのぐらいのペースでやるのがベストですか?

   上田:最低でも1週間に2回は頑張ってやってみましょう。週3回出来るようになるといいですね!

   ―では、これらのトレーニングをすることで、どういった体の変化が期待出来ますか?

   上田:バスト周辺の筋肉を引き締めることが出来るため、バストアップや下垂を防ぐことが期待出来ます。

美しいウエストラインも重要

   ―ちなみに胸だけ鍛えていても、体のバランスが悪くなってしまう気もします。その他の部位でも適度な筋トレは必要なのでしょうか?

   上田:先程のトレーニングは、バスト以外にも腕や体幹部を使っているので、極端にバランスが悪くなることはないですが、やはり美しいバストラインには同じように美しいウエストラインも出来ていることが重要になりますね!

   ―なるほど!ウエストラインの筋トレ方法も教えてください。

   上田:こちらも簡単に出来るので、是非トライしてみてくださいね!

   【床編】

   (1)仰向けに寝て、手を広げます。

trend_20180531175313.jpg

   (2)両足を上にあげます。

   (3)メトロノームのように足を左右に振ります。

trend_20180531175349.jpg

   【★ポイント★】

   足が下りた時に、ウエストが効いていることを意識しましょう。

   最低でも10往復は頑張りたいですが、足を伸ばしているのがツラい方は、ひざを少し曲げて強度をやわらげてもOKです!

   ―こちらも中々効きそうですね!

   上田:まずは2週間!2週間出来た方は、その後も続くようにトータル1か月を目指し、体の変化を楽しみにしてきましょう。内容自体はそこまで難しくないと思うので、どれだけ自分で時間を見付けてやれるかです。毎日コツコツ・継続は力なりで頑張っていきましょう。

   ―美しいバストを手掛けるには、こういった筋トレが重要になってくるわけですね。今日はとても参考になりました。ありがとうございました!


   終始、爽やかな笑顔で筋トレの大切さを語ってくれた、上田トレーナー。

   日頃のバストケアも必要だが、バストをより綺麗にキープさせるには、筋トレも重要となってくるようだ。

   早速、上田氏直伝の筋トレテクで、美しいバストラインを目指していきましょう。 次回は、バストに効果的な「食事」について教えてもらいます。

(grp編集長・安部舞紗)

■上田 翔 / Ueda Sho
10代の頃より世田谷区近郊にてパーソナルトレーナーとして活動開始するとともに、現在は、ダイエットやボディメイク、機能改善トレーニングなど、体の悩みを解決するプロのトレーナーがマンツーマンでトレーニング指導を行う世田谷区・経堂初のマンツーマン指導専門ジムを運営。現在に至るまで大手スポーツクラブにて主婦層を中心に中学生ジュニアアスリート~80代まで、老若男女幅広く指導。大手企業社長や雑誌や舞台で活躍中の現役モデル、タレント、文化人などを顧客に持つ。2014年~16年まで、都内にあるトレーナー育成専門学校にて非常勤講師として活躍。近年は自身のダイエット経験や科学的根拠を基にしたダイエット指導を得意とし、これまでに多くのダイエッターを成功に導く。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中