2018年 10月 19日 (金)

新生「Olasonic」高音質コーデック」対応ブルートゥーススピーカー

印刷

   IT関連および環境エネルギー関連事業などを手がけるインターアクション(横浜市)は、新生「Olasonic(オラソニック)」ブランド第1弾のブルートゥーススピーカー「IA-BT7」を2018年6月8日に発売する。

  • カラーは美しい木目「ウォルナット」、ピアノ塗装仕上げ「シルクホワイト」を用意
    カラーは美しい木目「ウォルナット」、ピアノ塗装仕上げ「シルクホワイト」を用意

レコーディングエンジニアのプロ集団が音質調整

   贅沢な木製キャビネットと外装仕上げを施したほか、量感豊かな低音再生を実現する110ミリの大口径サブウーファー、CDを超える高解像度「ハイレゾ音源」対応の57ミリ径フルレンジスピーカーユニット、重低音強化のためパッシブラジエーター(電磁気回路のないスピーカー)を搭載。

   アンプ部はスピーカー同士の相互干渉がないというバイアンプ構成。高音質「LDAC(96kHz/24bit)」「aptX HD(48kHz/24bit)」をはじめ、様々なコーデックに対応する。

   音質の最終調整を、多数のアーティストのレコーディングに携わっているレコーディングエンジニアのプロ集団「ミキサーズラボ」が手がけ、「スタジオマスターのサウンドバランスを伴った、より豊かな低音と華やかな高音再生を実現できた」という。

   ステレオミニジャック「AUDIO IN」端子を装備。96kHz/24bitのAD(アナログ・デジタル)コンバーターによりアナログ音源を"ハイレゾ音質"で楽しめる。近距離無線通信「NFC」に対応する。ACアダプター/電源ケーブルが付属する。

   カラーはウォルナット、シルクホワイトの2色。市場想定価格は3万円前後(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中