2018年 12月 12日 (水)

外環道・三郷南IC―高谷JCT開通を祝う 600人がトンネルで乾杯

印刷

   「東京外かく環状道路」(以下、外環道)で、埼玉県の三郷南インターチェンジ(IC)と千葉県の高谷ジャンクション(JCT)を結ぶ区間が2018年6月2日、開通した。

   1日には前夜祭として、一般参加者400人、関係者200人が一緒に乾杯する「東京カンパイ自動車道」を開催し、開通を祝った。

  • 東京外かく環状道路が開通
    東京外かく環状道路が開通
  • 約200メートルのテーブルで食事を楽しんだ
    約200メートルのテーブルで食事を楽しんだ
  • イベントは大いに盛り上がった
    イベントは大いに盛り上がった

トンネルをスクリーンに映像演出

   関越自動車道(東京都・大泉JCT)、東北自動車道(埼玉県・川口JCT)、常磐自動車道 (埼玉県・三郷JCT)、東関東自動車道(千葉県・高谷JCT)が結ばれる外環道。今回の開通により、都心の交通の円滑化、物流の生産性向上が期待される。例えば高谷JCT~大泉JCTの所要時間は、都心ルートが約18分、高谷JCT~川口JCT約26分、高谷JCT~三郷JCTが約26分、それぞれ短縮されることが見込まれる。

   1日には、地域住民、関係者、利用者みんなでお祝いする乾杯イベント「東京カンパイ自動車道」を開催。一般公募は定員400人のところ、3000人の応募があった。

   会場となったのは、千葉県の北千葉JCT付近の半地下トンネル。道路上に約200メートルのテーブルが並べられ、イメージカラーであるブルーとグリーンのLED風船で演出。トランペットの音楽とともに幻想的な空間が作り出された。トンネルをスクリーンにした映像演出や写真の展示などもあり、参加者を楽しませた。19時になると、ファンファーレとともに600人の参加者が一斉に乾杯した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中