2020年 2月 17日 (月)

クラシックコンサートでよく見かける 曲終わりに叫ぶ「ブラボーおじさん」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

奏者は「あまり悪く思わない、でも...」

   記者は大学生時代にオーケストラ(管弦楽)部でヴァイオリン奏者として活動していたことがある。毎年春・秋に開催する定期演奏会には、必ずこうした「ブラボーおじさん」が登場した。わざわざ演奏会を聴きに来てくれた客の「ブラボー」を特段不快には感じていなかったが、自身が観客としてクラシックの演奏会に聴きに訪れた際に、フライングブラボーがあった時はやや残念に感じた。

   6月4日、記者が所属していた大学オケの当時のコンサートマスター(第1ヴァイオリンの首席奏者、通称・コンマス)で、現在は勤務め先の企業のオーケストラでコンマスを務めている20代女性に、フライングブラボーについての見解を聞いてみた。「あまり悪く思わない」が、曲によって変わるとの考えだった。

「盛り上がって終わる曲なら、感動したのかな、演奏者に知り合いの人とか縁のある人がいた(から盛り上げようとした)のかなと思う。でも、静かに終わる曲ですぐブラボーと言われると、ちゃんと聴いて...と思う」

   また、こんな発言もあった。

「まあでも、言おうと思って来たのかなとは思うかな(笑)」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!