2018年 6月 22日 (金)

宿泊施設全体が寄付につながる サスティナブルホステル

印刷

   不動産テック企業のイタンジ(東京都港区)と7garden(セブンガーデン、東京都港区)は、宿泊施設「KIKKA(キッカ)」を2018年8月1日、東京都千代田区東神田にオープンする、これに先立ち、6月5日から予約を開始した。

  • 様々なアクションが寄付になる
    様々なアクションが寄付になる

アフリカ・アジアの子どもたちの給食に

   世界の食料問題の解決に取り組む NPO 法人TABLE FOR TWO Internationalに賛同し、施設全体を通じて寄付ができる「サスティナブル」(持続可能な仕組み)を取り入れたホステル。コンセプトは「きっかけが生まれる場所」で、業界初の形態だという。

   使い捨てアメニティーやシーツ・タオル交換を希望しない場合は、宿泊料金の一部が寄付となる。また、カフェのおにぎりセットやドリンク・アルコールを購入することで料金の一部が寄付となり、アフリカ・アジアの子どもたちの給食となるという。カフェは「作ってあげたい彼ごはん」著者のSHIORIさんとのコラボ。47都道府県の特産物や郷土料理を取り入れた、「にっぽん縁むすび」として提供する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中