2018年 10月 20日 (土)

今こそ大学を見つめ直そう 改革の裏側や最近の経営事情

印刷

   6月に入り、2019年度の大学進学に向けたオープンキャンパスが各校で開催されている。受験生はもちろん、その親や将来の受験生たちが行ってみたい大学を訪れ、イベントなどに参加することで学校の雰囲気などを体感している。一方で、受験のシステムや状況は毎年移り変わり、正確な知識を身につけることはさらに重要ともいえる。今回は、大学改革の裏側や最近の経営事情などにまつわる本を3冊ご紹介。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ(http://www.j-cast.com/bookwatch/)」でも特集記事を公開中。

trend_20180611111315.jpg

序列・偏差値といった固定概念を打ち破る近畿大

trend_20180611111402.jpg

   志願者数日本一や"近大マグロ"、派手な入学式などで注目の近畿大学だが、ベースにあるのは地道な実学教育だという。『教えて! 学長先生 近大学長「常識破りの大学解体新書」』(著者:塩﨑均 中央公論新社 842円)では、その象徴ともいえる医学部で学部長・病院長を務めてきた現学長が、知られざる強さの秘密を明かし、不本意入学者のやる気を高めるための試行錯誤を紹介。

   「"偏差値以外の物差し"って何だろう?」「大学は社会とつながっている」「"稼ぐ大学"の秘訣を明かします」「"偏差値以外の物差し"を取り戻そう」の全4章。総額400億円のプロジェクトを、なぜ手元資金ですべて賄えるのか?といった近畿大ならではの経営哲学に迫る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中