2018年 10月 24日 (水)

レシートを現金化できるアプリ 大人気過ぎて1日でサービス一時停止

印刷

   手持ちのレシートを現金化できるスマートフォンアプリ「ONE(ワン)」が、大人気のあまりハプニングが起きた。

   2018年6月12日の配信開始後に利用者が殺到。まもなくしてサービスを一時停止する事態となっている。

  • iTunesサイトより
    iTunesサイトより

開始16時間で24万枚超のレシート買い取るも...

   同アプリは、現役高校生の山内奏人氏が社長を務めるベンチャー企業「ワンファイナンシャル」(東京都港区)が開発した。

   まず、SMS(ショートメッセージサービス)認証でアカウントを登録。その後レシートを撮影して送信すると、1枚10円で買い取られ、指定の口座に振り込まれる。

   ユーザーは1日10枚まで換金が可能だ。出金時には免許証などでの本人確認が必要で、手数料200円がかかる。

   リリースからしばらくして山内社長はツイッターで、

「現在、サービス開始から約16時間経っており(中略)約8.5万ダウンロード、約7万人のユーザー様から24.54万枚のレシートを買い取らせていただきました」

と報告。利用者が殺到しているためか、「現在一時的にサービスを停止させていただいております」とも報告し、13日17時現在もサービスは停止中だ。

   アプリの公式アカウントでは、

「想像を超える多くのユーザーの方々にご登録いただいており、本人確認完了まで最長1ヶ月ほど掛かる見込みです」

とも。換金化できてもすぐには出金できないようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中