2018年 10月 21日 (日)

変わり種ポテチに新たな仲間 今度は冷やして食べる「塩あずき味」

印刷

   「わさビーフ」で知られる「山芳製菓」は、2018年6月11日、「あずきバー」でおなじみの「井村屋」との共同企画で、「ポテトチップス 塩あずき味」を6月25日に発売すると発表した。

   冷やして食べると、さらにおいしいという。

  • 「ポテトチップス 塩あずき味」
    「ポテトチップス 塩あずき味」

スナック菓子では見当たらない

   「ポテトチップス 塩あずき味」は井村屋のあずきパウダーを使用し、濃厚で深い甘みがある。塩味をきかせることで、ポテトチップスとして飽きのこない味わいとなっている。そのまま食べてもおいしいが、ぜひ冷凍庫でキンキンに冷やして食べてみてほしい。標準小売価格は130円。

   発表資料によると、夏が近づくにつれて、「冷やして食べる」を提案する商品が多数販売されており、SNSでも話題だ。しかし、スナック菓子ではなかなか見当たらないことから、同商品が提案された。

   井村屋は商品の発売を6月11日にツイッターで告知。ユーザーからは、

「...いっそ『小豆揚げちゃえば?』とか思ってしまった」
「穀類on穀類...」
「じゃあ井村屋さんとこが、わさビーフ味のアイス出すんですね」

といった、リプライ(返信)が寄せられた。

広島カープとのコラボ商品も

   実は山芳製菓は、これまでにも「変わり種」ポテトチップスを発売している。SNS上で紹介されていた商品には、次のようなものがあった。

   明太マヨビーフ:「明太子のかねふく」とのコラボ商品。濃厚なマヨネーズの味わいに、旨みと辛さのある明太子の味わいをバランス良く加えた。細かく砕いてご飯にかけてもおいしい...?

   男気わさビーフ:通常のわさビーフの辛さでは物足りない人に向けた商品。強烈なわさびの辛さ、濃厚なビーフの旨み、大容量の100グラムが「男気」のポイント。

   沖縄の島辛ビーフ:沖縄県産島とうがらしの辛さを効かせた夏の季節感あるポテトチップス。お酒のおつまみ等にも合う。

   鯉わさビーフ:広島東洋カープとのコラボ商品。「鯉」と「濃い」をかけた模様。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中