2018年 9月 26日 (水)

ノートPCで使える外付けグラフィックスボックス

印刷

   ゲーミング機器などを手がける米Razer(レイザー)は、ノートパソコン(PC)用外付けグラフィックスボックス「Razer Core X(コア・エックス)」を2018年6月22日に発売する。

  • ノートPCでも高負荷のゲームやソフトを快適に駆動
    ノートPCでも高負荷のゲームやソフトを快適に駆動

高解像度の動画編集ソフトウエアの操作が快適に

   Thunderbolt 3ポートを搭載する同社製ノートPCや、同ポートによる外部グラフィックスシステム「eGPU」をサポートする他社製ノートPC(WindowsおよびMac)との互換性を備え、デスクトップPC用のグラフィックスカードを本機に組み込むことで、高負荷のゲームプレイや高解像度の動画編集ソフトウエアなどの操作を快適に行える。

   NVIDIA「GeForce」「Quadro」、AMD「XConnect」対応、「Radeon」「Radeon Pro」などのPCI-Express x16グラフィックスカード(最大3スロット幅)との接続をサポートする。

   筐体は耐久性の高いアルミ製で、通気口および冷却機能を搭載。650ワットATX電源を内蔵し、グラフィックスカードに最大500ワットまでの電源を供給できるほか、Thunderbolt 3で接続されたノートPCにも最大100ワットの電力を供給可能だ。

   価格は3万2800円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中