2018年 7月 20日 (金)

世界的音楽集団「ピンク・マティーニ」 ブルーノート東京で初公演

印刷

   20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思わせるスタイルで演奏する音楽集団「ピンク・マティーニ」。ブルーノート東京での初公演が、2018年10月27日から29日の3日間行われる。

  • 音楽集団「ピンク・マティーニ」
    音楽集団「ピンク・マティーニ」

スタンダード・ナンバーからオリジナル、歌謡曲まで

   「ピンク・マティーニ」は、ピアニスト兼リーダーのトーマス・M・ローダーデールが、1994年に米オレゴン州ポートランドで結成。その年にカンヌ国際映画祭で欧州デビューを果たした。クラシックやジャズ、ハリウッド黄金時代のスタンダード・ナンバー、さらには日本の歌謡曲や世界各国のワールド・スタンダードを演奏する。

   クインテットでスタートした「ピンク・マティーニ」が、現在のスタイルとなったのは1997年。現在は固定メンバー13人で活動する、ビックバンドだ。

   公演では、「キサス・キサス・キサス」「ケ・セラ・セラ」などのおなじみのスタンダード・ナンバーだけでなく、トーマスが作曲したオリジナル曲も、何十年も親しまれてきたような味わいで観客を魅了する。

   一般のウェブ先行予約は6月19日、電話予約は6月22日より開始。ミュージック・チャージ(チケット価格)は8500円(税込)。詳細は、ブルーノート東京まで。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中