2018年 11月 14日 (水)

「びゅう」誕生30周年、アンバサダーに高橋優 特別フェスや臨時列車運行も

印刷

   JR東日本グループの個人型旅行ブランド「びゅう」誕生30周年アンバサダーに、秋田県横手市出身のシンガーソングライター・高橋優さんが就任する。所属事務所のアミューズが、2018年6月7日に発表した。

  • 「びゅう」誕生30周年記念!高橋優とコラボ!
    「びゅう」誕生30周年記念!高橋優とコラボ!
  • 「びゅう」誕生30周年記念!高橋優とコラボ!
    「びゅう」誕生30周年記念!高橋優とコラボ!

秋田新幹線の田沢湖駅が最寄り駅

   「びゅう」誕生30周年の盛り上げ役として白羽の矢が立ったのは、高橋さんが地元秋田県で2016年から主催している音楽フェス「秋田CARAVAN MUSIC FES」がきっかけ。秋田県内の13市すべてで開催することを目指しているキャラバン型の野外フェスで、「音楽で秋田を盛り上げたい」という想いからスタートしたという。

   「びゅう」30周年記念商品のひとつとして、「秋田CARAVAN MUSIC FES 2018」のびゅう限定秋田フェスオリジナルグッズ付オフィシャルツアーが発売される。18年の開催地は仙北市の田沢湖生保内公園野球場で、9月1日・2日の2日間開催。秋田新幹線の田沢湖駅が最寄り駅なので、遠方からでもアクセスしやすいという。

   さらに、ファンからも好評だった秋田新幹線臨時列車「高橋優秋田フェス特別号」を17年に引き続き18年も運行決定。「高橋優による車内アナウンス」や「高橋優楽曲BGM」、「オリジナルデザイン掛け紙付弁当」を企画し、フェスへの期待を盛り上げる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中