2018年 7月 20日 (金)

ヴァイオリンの難曲からピアノ独奏へ バッハとブゾーニ、2人の天才の「シャコンヌ」

印刷

   クラシック音楽は長い歴史を持つため、その歴史の中で磨かれて、傑作のみが後世に伝わり、現代の我々はそのレパートリーを享受することができます。1つの傑作の裏には、おそらく万を超える忘れられた同時代作品があったはずで、現代の作曲家たちも、自分も時代を超える傑作をものにしたいと、日々努力しているわけです。

  • 楽譜には「バッハ作品番号1004のヴァイオリンのためのパルティータ2番が原曲」と書かれている
    楽譜には「バッハ作品番号1004のヴァイオリンのためのパルティータ2番が原曲」と書かれている
  • バッハのヴァイオリンの原曲も難曲だが、ヴィルトオーゾ・ブゾーニの編曲したピアノもかなりハードだ
    バッハのヴァイオリンの原曲も難曲だが、ヴィルトオーゾ・ブゾーニの編曲したピアノもかなりハードだ

ヴァイオリンソロによって壮大な世界が描かれる

   歴史に耐えた名曲たちを、ただそのスタイルで演奏するだけでなく、形を変えて演奏する試みも頻繁に行われます。演奏する楽器の編成を変えたりするのです。そうやって「編曲」されたことによって、さらに名曲の誉れが高くなり、より一層人気が出たという曲がクラシックには数多くありますが、今日は、J.S.バッハの「シャコンヌ」の編曲作品のうちの1曲を登場させましょう。

   「シャコンヌ」は、もともとヴァイオリン独奏の曲で、正確には、「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ より パルティータ第2番の第5曲 シャコンヌ」という曲です。バッハが音楽好きのケーテン侯の宮廷楽長をしているときに作曲された作品のうちの一つで、ヴァイオリン独奏でどこまで音楽を作れるかという限界に挑戦した曲といっても言い過ぎではない曲で、難技巧を駆使して、ヴァイオリンソロによって壮大な世界が描かれます。現代のヴァイオリニストにとっても「レパートリーに欠かせないバッハ作品」となっています。

   このオリジナル曲が完成されたのは1720年ごろ、まだバロック時代のことで、ピアノという楽器は発明こそされていたものの、改良されてはおらず、ほとんどチェンバロに近い弱々しい音しか出ない楽器でした。バッハは試弾したことはあるものの、ピアノ独奏のためになにか作ろうという気はあまり起こさなかったようです。

   時代ははるかに下って、19世紀も終わりにさしかかった1894年ごろ、イタリア生まれのピアニストにして作曲家、指揮者でもあったフェルッチョ・ブゾーニが、19世紀を席巻した楽器であるピアノ独奏のために、この「シャコンヌ」を編曲したのです。

ピアノにとっても大変な難曲に

   「シャコンヌ」はもともとヴァイオリンの究極技巧をつかった傑作でしたが、ピアノに匹敵するような音の数はありません。ブゾーニは大胆にも、バッハのオリジナルに和音を付け加える、という大胆な「加筆」を行っているのですが、自らがスーパーピアニストであり、作曲家であり、バッハの楽譜の研究家でもあったブゾーニの編曲は的確で、これはひょっとして元からピアノの曲だったのではないか!・・または、バッハ自身がピアノ版を書き残していたのではないか!・・・と思えるぐらいの出来栄えになっています。

   バッハのシャコンヌそれ自体が人気曲目ですから、ピアニストはブゾーニ本人も含めてこぞってこの曲を取り上げ、現代でも重要なレパートリーとなっています。

   ただし、天才バッハが技巧を凝らしたヴァイオリンの曲が原曲で、それをスーパーピアニスト、ブゾーニが編曲したので、ピアノにとっても大変な難曲に仕上がっています。それがまた、ピアニストの挑戦意欲を掻き立てるのかもしれません。

   ともあれ、2人の天才が作曲・編曲したことが実を結び、ピアノ編曲版も、原曲のヴァイオリン独奏版も、現在でも両方とも頻繁に演奏されています。編曲は通常、「楽器の都合」で仕方なく編曲する、ということも多いのですが、この曲は、もとからピアノ曲だったではと言えるほど、完成度が高いからなのかもしれません。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール

   私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中