2019年 12月 6日 (金)

女子ゴルフ「18歳以下」も強いぞ! 若き「三羽烏」が見せた大器の片鱗

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   2016年リオデジャネイロ五輪で112年ぶりに復活したゴルフ競技。日本勢は男子が最高21位、女子は4位と苦戦した。

   リベンジとなる2020年東京五輪は2年後と、日本ゴルフ界の底上げが急務だ。卓球やテニス、陸上など他のスポーツを見渡すと10代の「金の卵」が続々誕生しており、ゴルフにおいても若き才能の台頭は必須といえる。

   そんな中、東京五輪の"前哨戦"ともいえる国際大会「2018トヨタジュニアゴルフワールドカップ(トヨタジュニアW杯」が2018年6月12~15日、愛知県豊田市で行われた。

   日本人選手も参加し、ジュニア世代の「世界ナンバーワンゴルファー」の称号をかけて4日間におよぶ熱戦が繰り広げられた。「次期メダル候補」として大会を制したのはどの国の選手か――。

  • (左から)古江選手、安田選手、西村選手
    (左から)古江選手、安田選手、西村選手

松山英樹選手を輩出した大会

   トヨタジュニアW杯は1992年から開催され、今年で26回目。過去にはリオ五輪金メダルのジャスティン・ローズ選手や日本の若きホープ・松山英樹選手も出場した。若い世代のアスリート支援を目的に、トヨタが2002年から協賛している。

   今大会は、70以上の国と地域で行われた予選を勝ち抜いた18歳以下(大学生を除く)の選手が一堂に会し、国別対抗戦(個人戦・チーム戦)を展開。男子は15か国・60人が、女子は9か国・27人が参戦した。

   日本からは、以下の選手が出場した。いずれも日本アマチュアゴルフランキングの上位に名を連ね、将来有望な若手だ。

   <男子>
・中島啓太(17)
・鈴木晃祐(17)
・小寺大佑(16)
・久常涼(15)

   <女子>
・安田祐香(17)
・西村優菜(17)
・古江彩佳(17)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!