2019年 10月 22日 (火)

バッテリー内蔵、どこでも使えるポータブルプロジェクター

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   各種家電およびパソコン用周辺機器などを扱うLGエレクトロニクス・ジャパン(東京都中央区)は、プロジェクター「CineBeam(シネビーム)」シリーズ第1弾のポータブルプロジェクター「PF50KS」を2018年6月29日から順次発売する。

  • 場所を選ばず高画質を大画面で楽しめる
    場所を選ばず高画質を大画面で楽しめる

フルHD画質、最大100インチまで投影可能

   最大2.5時間駆動のバッテリーを内蔵した、カバンに入れて持ち運べるコンパクトサイズ。ポータブルタイプでは珍しいというフルHD(1920×1080ピクセル)映像に対応し、「DLP」方式によるなめらかで高コントラストな映像を、最大100インチまで投影可能。屋内外の様々な場所で大画面の映像を楽しめる。

   シンプルな操作感でコンテンツを自由に行き来できる「webOS」を搭載し、Wi-Fi環境があれば「YouTube」や「NETFLIX(ネットフリックス)」などの動画配信サービスにも簡単にアクセス可能。外部スピーカーやワイヤレスイヤホンなどBluetooth対応の音声出力機器とワイヤレス接続可能だ。

   画面の歪みを補正する「自動キーストーン」により、本機を水平に設置できない場合でも歪みのない映像を楽しめる。

   USBストレージに保存された各種ファイルをUSB端子に接続して再生できるほか、USB Type-C端子も搭載し、USB PD(Power Delivery)対応機器と接続すれば、映像を楽しみながら充電も可能。HDMI端子×2も備える。

   カラーはホワイト。市場予想価格は7万4900円前後(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!