2018年 9月 22日 (土)

全部、女性が作りました! 横浜中華街にできたコワ~いお化け屋敷

印刷

   イベント事業の「アカツキライブエンターテインメント」と横浜中華街のエンターテインメント施設「横浜大世界」は、2018年6月20日、ホラーイベント「THE WITCH(ザ・ウィッチ)」を、8月3~5、17~19、24~26、8月31~9月2日の全12日間限定で開催すると発表した。場所は「横浜大世界」4~8階の「アートリックミュージアム」

  • 女性がつくるお化け屋敷「THE・WITCH(ザ・ウィッチ)」
    女性がつくるお化け屋敷「THE・WITCH(ザ・ウィッチ)」
  • 女性がつくるお化け屋敷「THE・WITCH(ザ・ウィッチ)」
    女性がつくるお化け屋敷「THE・WITCH(ザ・ウィッチ)」
  • 女性がつくるお化け屋敷「THE・WITCH(ザ・ウィッチ)」
    女性がつくるお化け屋敷「THE・WITCH(ザ・ウィッチ)」
  • プロデューサーの夜住アンナさん
    プロデューサーの夜住アンナさん

プロデュースは20代前半女性、でも経験は豊富

   「THE・WITCH(ザ・ウィッチ)」は、「絵画の持つ奇妙な力」をテーマに行われる。エレベーターを使って最上階まで上がり、1フロアずつ下に降りながら楽しめる「ダウンステア式お化け屋敷」だ。メインフロアには、キャンドルアーティストが創作した100本のキャンドルと、本イベントのオリジナルアロマが広がっている。前売りチケットは2900円、当日チケットは3500円(税込)。

   イベントを手掛けるのは、ホラーエンタメ業界で話題の女性ホラープロデューサー・夜住(よずみ)アンナさん。幼い頃からホラーの世界に魅力を感じ、1994年生まれの若さながらも、全国でイベントの制作・運営を経験してきた。夜住さんは2018年6月20日、自身のツイッターで、

「全部女性でつくったら、これまでのお化け屋敷のイメージを覆す、最高にクールなホラーイベントが完成しました!!その美しさに 貴方は一瞬も目が離せない...」

と投稿した。

   夜住さんはイベントの開催決定に伴い、6月20日からクラウドファンディングを開始。イベントの新たなギミック(仕掛け)の開発とサービスの向上を行うという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中