2018年 11月 17日 (土)

ポッカ「攻めの姿勢」で新感覚ドリンク ずんだ×生クリーム×ソーダ、夢?の共演

印刷

   飲料メーカーのポッカサッポロフード&ビバレッジは、2018年6月25日、「がぶ飲み ずんだクリームソーダ」を全国で発売した。「お茶の井ヶ田」の販売店「喜久水庵」より販売されている人気和菓子「喜久水庵 喜久福ずんだ生クリーム」とのコラボ商品だ。

  • 「がぶ飲み ずんだクリームソーダ」(2018年6月25日 記者撮影)
    「がぶ飲み ずんだクリームソーダ」(2018年6月25日 記者撮影)

これは......一度飲んだら忘れられない味

   発表資料によると、「喜久福ずんだ生クリーム」はひんやりと上品な甘さで人気の生クリーム大福に、東北地方の土産として人気がある「ずんだ餡(あん)」を使用。意外性のある味わいを楽しめる「がぶ飲み」シリーズとして商品開発を行った。開発にあたっては、「お茶の井ヶ田」の社員が味覚の監修を行ったという。

   J-CASTトレンドは早速、同商品を試飲してみた。

   ペットボトルのフタを開けると、「ずんだ」の濃い香りがふわっと漂う。ガラスのコップに注ぐと、炭酸がシュワシュワと音を立て、透き通った緑色が涼しげだ。

   一見、メロンクリームソーダのような色をしているが、果たしてどんな味なのだろうか。一口飲んでみる。

   ―――夏の暑さも吹き飛ぶような、個性的な味だ。「ずんだ」の味と、「生クリーム」の甘くてクリーミーな味わいがしっかりと感じられた。ほかの記者にも試飲してもらったところ、「甘い後味」「一度飲んだら忘れられない味」との反応があった。

   これまでにない新感覚を味わいたい人は、ぜひ挑戦してみては?

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中